ここから本文です

昭和の「オバさん」と令和の「女性」 平成4年の「私がオバさんになっても」(森高千里)【柴那典 平成ヒット曲史】

10/18(金) 7:00配信

Book Bang

平成とは、どのような時代だったのか――。
その手がかりを、各年を象徴する曲に探る「平成ヒット曲史」。
プロデューサーの時代、タイアップ全盛、「自分らしさ」、史上一番CDが売れた年……ヒット曲は諸行無常の調べ。音楽ジャーナリストが、ポップ・ミュージックを通して“平成”という時代に迫ります。
第4回は、森高千里の「私がオバさんになっても」です。

【柴那典 平成ヒット曲史】月9とミリオンセラー 平成3年の「ラブ・ストーリーは突然に」(小田和正)

平成を経て「女性」はどう変わったのか

「すべての女性に勇気を与えた歌です!」
 1992年の紅白歌合戦。紅組司会の石田ひかりはこう告げた。レザーの上着とフリフリのミニスカートを身に着けた森高千里が、まばゆいスポットを浴びてこう歌う。

 私がオバさんになっても ディスコに連れてくの? 
 ミニスカートはとてもムリよ 若い子には負けるわ

 この年、23歳となった森高はこの曲で紅白への初出場を果たしている。
 レコード産業には明らかに好況が訪れていた。それを後押ししたのは、この年に登場した通信カラオケだった。それまでの主流だったレーザーカラオケに対して、楽曲データをリアルタイムに配信できるため、CDの発売日と同時に楽曲を歌うことができるようになった。カラオケボックスが本格的に普及し、10代や20代が新曲をこぞって歌うようになった。
 1992年のオリコンのシングル年間TOP10には、米米CLUB「君がいるだけで」、浜田省吾「悲しみは雪のように」、B’z「BLOWIN」、大事MANブラザーズバンド「それが大事」、サザンオールスターズ「涙のキッス」、とんねるず「ガラガラヘビがやってくる」、槇原敬之「もう恋なんてしない」などの曲が並ぶ。どれもドラマやCMやバラエティ番組でたびたび流れ、時代を彩ったミリオンセラーだ。
 そんな中、「私がオバさんになっても」は森高千里の代表曲の一つとなったが、セールス面だけを見れば、この曲は決して大ヒットと言えるわけではない。オリコン週間最高位は15位。斉藤由貴主演のドラマ『まったナシ!』主題歌として話題を呼んだが、シングル年間ランキングではTOP100にも入っていない。
 しかし、この曲は「平成という時代」の一つの側面を象徴している、と筆者は思う。
 第二次世界大戦とその後の高度経済成長を経た「激動の昭和」に対して、平成の時代は、日本社会の枠組みは大きく変わっていないように見える。しかし、その内側ではゆっくりと、しかし確実に変化が起こっていた。この連載でも後に「世界に一つだけの花」の項で触れることになるが、社会が人々を縛りつける軛(くびき)が少しずつ溶けていったのが、平成という時代だった。
 その象徴の一つが、女性の年齢のあり方だ。

 女ざかりは19だと あなたがいったのよ

 森高自身が作詞を手掛けた「私がオバさんになっても」には、こんな一節がある。これは、あるスタッフが実際に彼女の周辺で口にした言葉なのだという。
 20代前半の森高にとって、仕事場にいるのは年上の男性がほとんどだったはずだ。「女ざかりは19」というのは何気ない会話の中の一言にすぎなかったのかもしれないが、しかし森高には聞き逃がせなかった。「女ざかり」とは何か。それを男性が年齢で勝手に決めるとはどういうことか。
 2010年代の現在なら、女性の年齢を揶揄し差別する言い方はセクシャルハラスメントに該当するとされるだろう。しかしバブル期には女性の結婚適齢期をクリスマスケーキに喩えて26歳以降を売れ残りとする「クリスマスケーキ理論」なる言葉すら飛び交っていた。
「セクシャルハラスメント」という言葉は、1989年の「新語・流行語大賞」の新語部門・金賞を受賞している。この年にセクハラを理由とした初の裁判があり、その後も訴訟が相次いだことでセクハラという概念は急速に広まっていた。しかし「何気ない冗談や親愛の情のつもりだったのにセクハラなんて」という男社会側の違和感は、その後も昭和の残滓として残り続けることになる。

 私がオバさんになったら あなたはオジさんよ
 かっこいいことばかりいっても お腹がでてくるのよ

 曲の後半で森高はこう歌う。そのキュートな“反撃”を指して、石田ひかりは「すべての女性に勇気を与えた」とこの曲を紹介したのだろう。
 しかしその後の森高のキャリアを踏まえて考えると、この曲は、一つの予言のように作用しているようにも思える。

1/3ページ

最終更新:10/18(金) 7:00
Book Bang

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事