ここから本文です

アヤメ行方さんは黒コーデを眼鏡とベルトで毎日チェンジ

10/18(金) 20:01配信

WEBUOMO

同じ服装でも合わせる小物で印象が変わることも多い。9月6日千駄ヶ谷にオープンしたアヤメの店長、行方弘太さんも、毎日、眼鏡とベルトを変えて、ベーシックな黒コーデに変化をつけている。

【この記事に関するその他の写真はこちらから】

行方弘太さん(アヤメ ストア マネージャー)

アウター/オーラリー
シャツ/エルイー
パンツ/古着(リーバイス)
帽子/古着(ビースティ・ボーイズ)
眼鏡/アヤメ
時計/ロレックス(アンティーク)
ブレスレット/(右手)ティファニー
      (左手)市松
指輪/すべて市松
ベルト/ティファニー(アンティーク)
ソックス/ファルケ
靴/J.M.ウエストン

「店頭に立つときはたいてい黒い服を着ています。眼鏡とベルトは毎日必ず変えて、最低でも1週間は被らないようにするのがマイ・ルール。服はベーシックなものが好きですが、サイズ感やパンツ丈などで少しアンバランスな要素を入れて、自分らしくしています。今日つけているティファニーのベルトは10年間探していた念願のアンティーク。きれいめなコーディネートを意識していますが、堅くなりすぎないように、今日のビースティの古着キャップのような1点ふざけたアイテムを入れるようにしています。接客しているとそれがきっかけで会話がはずむことも多いです」

Photos:Yuumi Hosoya
Text:Hisami Kotakemori

最終更新:10/18(金) 20:01
WEBUOMO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事