ここから本文です

W杯アジア2次予選の北朝鮮vs韓国「無事に帰れたのは奇跡」と韓国主将

10/18(金) 14:04配信

ニューズウィーク日本版

<中継なしの無観客というだけでなく、北朝鮮側はラフプレーの連続で、何度も怪我をさせられると思ったという>

10月15日に北朝鮮の首都・平壌で行われた2022年カタールW杯アジア2次予選、北朝鮮と韓国の試合は、きわめて異様なものになった。金日成競技場で行われた歴史的な南北対決は、前代未聞のライブ中継なしの無観客試合。メディアによる取材もシャットアウトされた。

【動画】「戦争のような」試合

<参考記事>【対韓国・北朝鮮】日本は「核保有した統一朝鮮」を利用せよ

この異例の措置に疑問の声が上がるなか、韓国代表チームの複数のメンバーが17日、0-0のスコアレスドローに終わった同試合についてメディアに語った。

「北朝鮮の選手たちはラフプレーが多かった。暴言の応酬もあった」と韓国代表のソン・フンミン主将は語った。「勝てなかったのはとても残念だが、試合はとても攻撃的で、怪我なく無事に帰国できただけでも快挙だと思う」

韓国代表のチェ・ヨンイル団長は、北朝鮮代表のプレーはまるで「戦争のようだった」と評した。チェはさらに、北朝鮮の選手たちが肘突きをしてきたと説明し、「あんなに攻撃的なサッカーは見たことがない」と語った。また彼によれば、北朝鮮の選手たちは空中戦の時に、韓国の選手たちに怪我をさせようとしていたという。

<携帯電話の持ち込みも禁止>

チェは記者団に対して、FIFAに苦情の申し立てを行うかどうかを大韓サッカー協会と話し合っているところだと語った。韓国代表チームの現地滞在環境や試合のプレー環境に加え、ファンやメディアの入場を禁止した決定についても苦情の申し立てを検討しているという。

またチェによれば、韓国代表は北朝鮮入りする前に、北京の韓国大使館に携帯電話を置いていくよう指示された。平壌に到着するとそのまま高麗ホテルに連れて行かれ、外部と連絡を取ることはできなかった。北朝鮮の旅行情報サイトによれば、同ホテルは44階建ての大型ホテルだが、チェが記者団に語ったところによれば、ほかに宿泊客はいないようだったという。

金日成競技場で試合を観戦したFIFAのジャンニ・インファンティーノ会長は、試合について次のように語った。「歴史的な試合だったからスタジアムが満員になるのを楽しみにしていたが、観客席にファンが一人もいなかったのはとても残念だった」

北朝鮮側はその後、試合映像を録画したDVDを韓国側に持ち帰らせたが、韓国のテレビ局KBSの説明によると、画質が悪すぎて放送はできないという。

<南北関係が試合に影響>

南北の代表チームが前回、直接対決をしたのは2010年の南アフリカW杯の予選だった。だが当時の南北関係は緊張状態にあり、北朝鮮側が「韓国の国旗掲揚や国歌演奏を許可できない」として、平壌で行われるはずだった試合は上海で行われた。

韓国側は今回の試合についても、アジアサッカー連盟から正式に通知があるまで、開催されるか確証がなかったという。次は2020年6月4日に韓国でリターンマッチが行われる予定だ。

(翻訳:森美歩)

マシュー・インペッリ

最終更新:10/18(金) 17:52
ニューズウィーク日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事