ここから本文です

ダイエット経験者に聞く「実際に減った体重と取り入れた食事法」の関係性

10/18(金) 7:20配信

@DIME

「食欲の秋」にかこつけて、たくさん美味しいものを食べてしまうこの時期。久しぶりに体重計に乗ったらありえない数値に……なんてことにもなりかねない。

そんなわけで適度に食べつつダイエットにも注力したいところだが、ダイエット成功者は日頃どんなことに気を付けているのだろうか?

そこでこのほど、株式会社スタルジーによるダイエット成功者200名を対象にしたアンケート調査の結果を紹介していきたい。※グラフありの元記事は下記同タイトルをクリックすることで見ることができます

ちなみに、アンケートの対象となったのは以下のように、男女別でみると、男性39名、女性161名。年代別で見ると、20代以下が69名、30代が81名、40代が41名、50代以上が9名となった。





ダイエットで減少した体重、平均は8.2kg!
本アンケートの回答者がダイエットで減少した体重の平均は、8.2kgとなった。また、73%が5kg以上の減量に成功していることも明らかに。



今回のアンケートでは、減少した体重と、ダイエットの期間、行った理由、食事法、運動、心がけたことを聞いたことによって、どの要素がダイエットの成功に関わっているのか相関関係を導くことができた。以下、減少した体重と特に相関が見られたものを紹介していく。

ダイエットを行った期間は、3ヶ月以上6ヶ月未満が39%と最多!
「ダイエットを行った期間」について尋ねる調査が行われたところ、3ヶ月以上6ヶ月未満が39%(78名)と最多に。

以降、6ヶ月以上1年未満(26%・52名)、3ヶ月未満(20%・40名)と続く。本アンケート回答者の大半が1ヶ月~1年もの間、ダイエットを行っていたことが判明した。



また、「減少した体重とダイエット機関の関係」を見ていくと、やはり、ダイエット期間が長ければ長いほど、より体重も減少するという結果となった。一方、1年以上継続した場合、体重の変化は緩やかになっている。





自発的に行うより、人に指摘されて行うほうがダイエットは成功しやすい?
では、そもそもなぜダイエットをしようと思ったのだろうか?

「ダイエットを行った理由」を尋ねる調査が行われたところ、「理想の体型になりたい」(38%・76名)がもっとも多かった。他の回答を見渡しても、見た目や体型を理由にダイエットを行う回答者が大半となった。



なお、「減少した体重とダイエットを行った理由の関係」を見ると、周囲に指摘された人や、健康が気になる人など外的要因がダイエットの理由となっているほうがより大幅な減量に成功しているようだ。



周囲に指摘された人、健康が気になる人の場合、ある程度追い込まれた状況や周囲の協力を得やすい状況であり、劇的な体重の減少に繋がったと推察される。

やっぱり人気な炭水化物、糖質にフォーカスした食事制限
ダイエットにおける食事法については、近年注目されている炭水化物、糖質にフォーカスした食事法を実践した回答者が最も多かった。

加えて、健康と満腹感を維持するために野菜(31名)の摂取量を増やしたという人も目立った。



続いて「減少した体重と食事法の関係」を見ていこう。3食で食事制限をしても間食が増えてしまう、間食のカロリーが高いということはダイエットの失敗例としてよく挙がるように、間食の対策が減量に大きく寄与することが分かる。

また、成功者の体験談として、他の方法と併用して甘い飲み物を控えたことも多く挙がっており、3食以外でいかに余計な食べ物、飲み物を摂取しないかが重要であることが分かる。

摂取カロリー<消費カロリーがダイエットの確実な方法であり、実際に摂取カロリーの制限も大幅な減量に貢献することが見て取れる。



ダイエット中に実践すべき運動とは?
「ダイエット中に実践する運動」について尋ねる調査が行われたところ、日常の中で歩く機会を増やすなど、ウォーキングを取り入れた回答者が最も多かった。

筋トレとしては、手軽にできるスクワット、お腹周りへの対策として腹筋が特に多く挙げられていた。



次に「減少した体重と運動の種類の関係」を見ていこう。

他の要素と比較すると、運動の種類によって減少した体重は大きく変わらない。ただ、消費カロリーが少ない傾向にあるストレッチ・ヨガに関しては、他の運動と比べて体重の減少に寄与しづらいことが分かる。



ダイエットに成功できた理由は何?
最後に「ダイエットが成功した理由」について尋ねる調査が行われた。その結果、無理をしないことを成功の理由に挙げる回答者が最も多かった。

食べ物か否かを問わず、何らかのご褒美を設定してモチベーションを維持した人も多い。また、ダイエットしたらできることや有名人の体型をイメージしてダイエットに役立てた人も目立った。



反面、ダイエットに成功した人限定の本アンケートでも、ダイエットに挫折した経験がある人は96%にのぼった。

「ダイエットが失敗した理由」について尋ねる調査が行われたところ、成功したダイエットの食事法で挙がったものの多くが挫折した理由でも挙げられるという結果に。自分に合ったダイエット方法を探すことが重要であると見て取れる。

食事制限、特に食事を抜くタイプのダイエットに挫折した方から多く挙がったワードが「ストレス」であった。前述したダイエットに成功した理由にもあったように無理をしない方法を選ぶことの重要性が分かる。置き換え、特定食品中心のダイエットの場合、飽きがくることはもちろん、金銭的な理由、用意に手間が掛かるという点も挫折に関わっているようだ。

出典元:株式会社スタルジー

構成/こじへい

@DIME

最終更新:10/18(金) 7:20
@DIME

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事