ここから本文です

交尾をめぐって噛みつき合う、暴力まみれのサメの日常

10/18(金) 14:24配信

ニューズウィーク日本版

<同じ種類のサメ同士の「共食い」もある......海の中では日々サメの死闘が繰り広げられている>

体重450キロを超えるそのオスのホホジロザメは、おそらく交尾をめぐって他のオスと争いになり、頭を噛まれた――。

【動画】シロワニ子宮内の共食い、ホホジロザメ胴体をほぼ食いちぎられる

海洋生物を研究するNGO団体「オーサーチ」は今週14日、オスのホホジロザメ「バイミー」の写真を公開した。バイミーは、アメリカ北東部沖の北大西洋で捕獲され、その後タグを付けて海に放された。

オーサーチは、海の食物連鎖の頂点に立つホホジロザメなどの海洋生物について、行動を追跡してデータを集積し、生態を調べている。

「ホホジロザメは厳しい世界で生きている。何が証拠かって? バイミーの頭の傷を見れば分かる」とオーサーチのフェイスブックの投稿には、10月4日の調査で撮影された写真と共にコメントが書かれている。

バイミーの頭部には2つの傷があり、「1つはもうだいぶ治っているが、もう1つはまだ新しい傷だ」という。

<サメの位置情報を提供>

オーサーチのサイトには、サメの位置情報を表示するページもあり、誰でもバイミーの行動を観察することができる。

バイミーの全長は3.9メートル、体重は528キロ。通常のホホジロザメは4.6~6メートルまで成長するので、それに比べればやや小さい。

頭部の傷の歯形や顎の大きさから推測すると、バイミーを襲ったのは少なくとも60センチ以上は大きいサメだと、オーサーチのクリス・フィッシャーは話している。「バイミーが頭全体を噛まれたことははっきりしている」

治りかけの下顎を噛まれた傷跡はおそらく昨年の傷だと、フィッシャーは言う。「噛みついたのは全長3.7メートルをゆうに超えるとても大きな生物だ。こんなに大きなサメの頭に噛みつくなんて凄まじい」

<頭を噛み合うこともめずらしくない>

バイミーはおそらく、交尾相手を探しているところを他のオスのホホジロザメに襲われたのだろうと、フィッシャーは言う。または、自分よりも大きなメスと交尾しようとして、噛みつかれたのかもしれない。他のサメがアシカやアザラシなどの餌を食べているところを邪魔して追い払われたという説明もできるが、その可能性は低い。

この傷によって、研究者は北大西洋のどこでホホジロザメが交尾しているか特定することができるという。

「同じ海域で3匹のオスのホホジロザメを発見し、他の2匹からは精子のサンプルを採取できた。バイミーはこの海域では『若造』だったのだろう。サメの交尾がとても暴力的なことは知られている。頭を噛み合うこともめずらしくない。サメの日常的な行動だ」と、フィッシャーは言う。

バイミーの傷は痛々しいが、サメは傷の治癒が早いため、もう痛みは感じていない。

<同種同士の「共食い」も>

オーサーチは2007年に最初の調査をメキシコのグアダルーペ島で実施して以来、34回の調査を行い174人の研究者が参加してきた。サメ、ウミガメ、イルカなど400の海洋生物を追跡して生態を研究している。

数週間前、オーサーチはこれまでに見つけた中でも最大級の、全長5.2メートルに達するホホジロザメを北大西洋で発見したが、残念ながら研究者が追跡装置を付ける前に逃げられてしまった。

動物専門チャンネル「ナショジオワイルド」の最近のドキュメンタリー『カニバル・シャークス(共食いするサメ)』で紹介されたように、サメはときには噛みつき合うだけでは済まない。他のサメに体を半分に食いちぎられてしまうこともある。

この番組にも登場したフロリダ国際大学生物科学部のマイケル・ヒーサウス教授は、以前の本誌の取材に対して「多くの人が思っている以上に、サメ同士は共食いする。オオメジロザメ、ヒラシュモクザメ、イタチザメといった大型のサメにとって、小型のサメは格好の餌食だ」と語っている。

また同じ種類のサメ同士でも、小型の個体を「共食い」することが知られている。「サメの多くの種類が、大きいサメに食べられなくなる安全な大きさになるまで子育てができる、水深が浅くて守りやすい『保育水域』を持っている」とヒーサウスは話している。

カシュミラ・ガンダー

最終更新:10/18(金) 17:44
ニューズウィーク日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事