ここから本文です

2019ドラフト指名選手、スカウトが注目したポイントは? 球団コメントを一挙公開<セ・リーグ>

10/18(金) 12:04配信

ベースボールチャンネル

 プロ野球ドラフト会議が17日、東京都内で開かれた。千葉ロッテマリーンズが4球団競合の末、佐々木朗希投手(大船渡高)との交渉権獲得に成功。東京ヤクルトスワローズは3球団が1位指名した奥川恭伸投手(星稜高)との交渉権を獲得するなど、12球団で107選手(育成含む)が指名された。各球団は候補者のどこに注目して指名を決めたのか。担当スカウトと球団のコメントを紹介する。

【一覧】2019年ドラフト指名選手一覧

東京ヤクルトスワローズ

1.奥川恭伸・投手(星稜高)
184センチ・82キロ、右投右打
担当スカウト:阿部健太
 MAX158キロのストレートと切れ味鋭いスライダーで三振の山を築ける。制球力にも優れ完成度の高さは高校生離れしている。夏の甲子園では準優勝するなど実績も経験も十分な投手で将来球界のエースとして期待が持てる投手。

2.吉田大喜・投手(日本体育大)
175センチ・80キロ、右投右打
担当スカウト:丸山泰嗣
 MAX150キロを誇るストレートに、スライダー・スプリットを決め球に多彩な変化球は切れ味が鋭い。制球力を武器にゲームメイクできる投手。日米大学野球でも活躍し、即戦力としてローテーション入りを期待できる投手。

3.杉山晃基・投手(創価大)
182センチ・84キロ、右投左打
担当スカウト:山本哲哉
 MAX154キロのストレートを誇るタフネス右腕。決め球のフォークも精度が高く三振が奪える。打者を観察しながら投球を組み立てられるクレバーさも併せ持ち、一年目からローテーション入りを狙う。

4.大西広樹・投手(大阪商業大)
175センチ・83キロ、右投右打
担当スカウト:岡林洋一
 気迫を前面に出した投球スタイルで大舞台にも強い。スピンの効いた威力あるストレートはMAX148キロを誇り、力で押す投球も出来る。スタミナもあり即戦力投手として期待。

5.長岡秀樹・内野手(八千代松陰高)
175センチ・74キロ、右投左打
担当スカウト:丸山泰嗣
 走攻守、三拍子揃った遊撃手。今夏千葉大会では準優勝の原動力となった。シュアで一発を秘めた打撃と、球際に強い堅実な守備で勝負する。次世代のレギュラー候補として期待。

6.武岡龍世・内野手(八戸学院光星高)
178センチ・77キロ、右投左打
担当スカウト:斉藤宜之
 強打、堅守の遊撃手。力強さを付けた打撃は今夏甲子園でも成長を見せた。U-18日本代表ではユーティリティープレーヤーとしての可能性も広げた。攻守においてセンス溢れる将来のレギュラー候補。

◇育成
指名なし

1/5ページ

最終更新:10/18(金) 12:28
ベースボールチャンネル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事