ここから本文です

スビトリーナが初戦敗退、バーテンズはツアー最終戦へ望みつなぐ [女子テニス]

10/18(金) 15:01配信

テニスマガジンONLINE

 WTAツアー公式戦の「VTBクレムリン・カップ」(WTAプレミア/ロシア・モスクワ/10月14~20日/賞金総額103万2000ドル/室内ハードコート)の女子シングルス2回戦で、第1シードのエリナ・スビトリーナ(ウクライナ)が第3セットで先にブレークを果たしたにも関わらず、ベロニカ・クデルメトワ(ロシア)に2-6 6-1 5-7で敗れた。世界ランク4位のスビトリーナは1回戦をBYEで免除されており、この試合が彼女にとっての初戦だった。

2019年WTAツアー表彰写真|PHOTOアルバム

 番狂わせを演じたクデルメトワは準々決勝で、アナスタシア・パブリウチェンコワ(ロシア)と対戦する。パブリウチェンコワはこの日、ワイルドカード(主催者推薦枠)で出場したバルバラ・グラチェバ(ロシア)に5-7 4-6 2-6で逆転勝ちをおさめた。

 そのほかの試合では、第2シードのキキ・バーテンズ(オランダ)がカイア・カネピ(エストニア)を4-6 6-3 7-5で、クリスティーナ・ムラデノビッチ(フランス)は第6シードのアナスタシア・セバストワ(ラトビア)を7-5 3-6 6-3で倒し、勝ち上がった両者が準々決勝で対戦することになった。

 競り合いをものにしたバーテンズは、シーズン末のエリート大会「資生堂WTAファイナルズ・シンセン」(10月27~11月3日/中国・シンセン /賞金総額1400万ドル/室内ハードコート)への出場権獲得に向けての最後の望みをつないだ。

 バーテンズとベリンダ・ベンチッチ(スイス)の双方が、もしモスクワで決勝に進出すればセレナ・ウイリアムズ(アメリカ)からその威信ある大会の最後の一席を奪うことができる。ふたりはこの大会で同じ下半分のドローに入っており、そのため準決勝が決定戦となる可能性もある。(C)AP(テニスマガジン)

BEIJING, CHINA - OCTOBER 02: Elina Svitolina of Ukraine reacts against Sofia Kenin of the United States during the women's singles third round match of 2019 China Open at the China National Tennis Center on October 2, 2019 in Beijing, China. (Photo by Zhe Ji/Getty Images)

最終更新:10/18(金) 15:01
テニスマガジンONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事