ここから本文です

青木3兄弟が26年振りにバイクで走行!障がい者支援プロジェクト推進へ

10/18(金) 17:50配信

Auto Messe Web

往時のレプソルカラーに当時のゼッケンを装着

 10月18日(金)から栃木県のツインリンクもてぎで行われるMotoGP第16戦日本GP開幕前日の17日、宣篤、拓磨、治親の青木3兄弟が集結。26年振りに3人揃ってバイクで走行した。

手動でバイクのシフト操作ができるようにした特殊装置

 長男・宣篤、次男・拓磨、三男・治親の青木3兄弟とは、ポケバイから世界の頂点であるWGP(世界ロードレース選手権、現MotoGP)にまで登り詰めた群馬県出身のライダー。次男・拓磨選手は、1998年2月にテスト中の事故で下半身不随となり、それ以後バイクには乗れなくなってしまった。

 そのような拓磨選手を再びバイクに乗せることで、障がいのあるすべての人への支援をしていこうという「サイドスタンドプロジェクト」が立ち上がったのだ。すでに2019年7月、プロジェクトの第1弾として、三重県鈴鹿サーキットで行われた鈴鹿8時間耐久ロードレースで拓磨選手単独でのデモランに成功。

 そしてサイドスタンドプロジェクトの第2弾となる今回、ツインリンクもてぎで「3兄弟でもう一度サーキットを走る」という夢を叶えたわけだ。

 拓磨選手が乗るのは、ナンバーを取得できる市販MotoGPマシンとして発売された「ホンダRCV213V-S」。そのお値段は、なんと2190万円(一般的な1000ccスポーツバイクは約250万円)。下半身不随の拓磨選手でも走行ができるように、手で操作できるシフトチェンジ装置(通常のバイクは左手でクラッチ操作、左足でシフトチェンジを行う)を装着。カラーリングは、この走行のために、拓磨選手が事故の前年、GP500クラスに参戦していたレプソル・ホンダのレプソルカラーを採用している。

 さらに当時と同じゼッケンナンバー「24」を付けていたのだが、「保存してあった」という当時物だというのだから驚かされる。

 今回は、3兄弟が一緒に走行するために使用するマシンは、長男・宣篤選手は現在もスズキのテストライダーとして開発に携わっているためスズキGSX-RR、現役オートレーサーの三男・治親選手は拓磨選手が7月の鈴鹿8耐の際に乗ったホンダCBR1000RR SP2となった。

 拓磨選手が着用するレーシング・ツナギは、今回の走行用に採寸し、新しく作ったオーダー・スーツ。こちらもレプソルカラーで、拓磨選手の現役時代はスポンサーワッペンを縫い付けていたものをプリントして再現。最新最上級モデルのレーシングスーツゆえ、現在MotoGPではレギュレーションとして義務付けられているエアバッグを内蔵。「これが(あの時)あったら脊損(脊髄損傷)になってなかったわ」と拓磨選手が語るほど、ライダーの装具の進化を実感している様子。

1/2ページ

最終更新:10/18(金) 17:50
Auto Messe Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事