ここから本文です

「フェラーリ」ってどんな自動車メーカー? 最新ラインアップと価格を調べてみた

10/18(金) 18:41配信

Auto Messe Web

全8モデル、価格は2631万円から

 スーパーカーブランドの代名詞のひとつ、F1や跳ね馬のロゴでおなじみのフェラーリ。現在、日本国内で購入することができるフェラーリは、先日国内導入が発表された同社初のPHEVモデル「SF90ストラダーレ」を含めて8モデルある。

5000万円超、最新フェラーリ「SF90ストラダーレ」のコクピット【画像】

 とてつもなく高額なクルマと思われがちだが、実は他メーカーの高級セダンやスポーツカーと同価格帯のモデルもある。もちろん、それなりの金額ではあるが、各モデルの特徴と価格を紹介してみよう。

フェラーリはどんなメーカー?

 簡単に説明するとフェラーリは、1947年にエンツォ・フェラーリによって創業されたイタリアの自動車メーカー。現在は、FCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)の傘下にある。FCAは、2014年に誕生した伊フィアットと米クライスラーの合弁会社だ。

 主にイタリアンブランド、ランボルギーニを除くフィアット、アバルト、アルファロメオ、ランチア、マセラティ、そしてフェラーリが、FCA傘下にあるフィアットグループオートモビルズによってマネージメントされている(実質的な親会社)。

 フェラーリと聞けば、どうしても雲の上の存在であり、成功者やリッチマンの象徴というイメージだが、果たして本当にそうなのか。誰もが気軽に買えるクルマではないと言うことは想像できるが、その新車価格とはいったいいくらぐらいなのか。国内導入されている現行8モデルのプロフィールと価格を紹介しよう。

「SF90ストラダーレ」システム出力1000psに

 まずは、10月9日に日本への正式導入が発表されたばかりの「SF90ストラダーレ」。フェラーリ初の市販PHEVとなるこのマシンは、2019年5月に同社のF1マシンや市販モデルのテストを行う「フィオラーノ」テストコースで実車が初公開された。

 車名の「SF90ストラダーレ」は、スクーデリア・フェラーリ(フェラーリのレーシング部門で、フェラーリ社の前身ともいえるレーシングチーム)の誕生90周年を記念して名付けられたという。

 注目すべきはなんといってもシステム合計出力1000psを発生する電動化パワートレイン。リアミドに搭載される最高出力780psの4リッターV8ツインターボに3基のモーターを組み合わされ、モーターの合計最高出力は220psと発表されている。

 そのモーターは、左右の前輪駆動用にそれぞれ独立して設置されるほか、エンジンと8速DCTの間にも1基が配置され、そちらは後輪駆動用となる。つまりエンジンが後輪を、左右独立配置された2基のモーターが前輪をそれぞれ駆動する4WDシステムを採用しているということだ。

 ステアリングホイールに配置されたドライブモードセレクター「eManettino(イーマネッティーノ)」によって、ドライバーは、4つの走行モードが選択可能。

 「eドライブ」モードでは、最高速度が135km/hに制限されるものの最大25kmのゼロエミッションEV走行が行え、「ハイブリッド」モードでは標準的な走行モード、「パフォーマンス」モードでは常にエンジンが稼働し続け、バッテリーの充電を優先する。

 「クオリファイ」モードでは何よりもパフォーマンスを優先し、システム合計出力1000psをフルに発揮。最高速度340km/h、0-100km/h加速2.5秒、0-200km/h加速6.7秒、100km/hからの完全停止距離は29.5m、フィオラーノ(フェラーリのテストコース)ラップタイム79秒の実力を余すことなく披露してくれる。

1/5ページ

最終更新:10/18(金) 18:41
Auto Messe Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事