ここから本文です

インスタ映えするおもしろ野菜「アーティチョーク」のおいしい食べ方

10/18(金) 7:52配信

サンキュ!

旬になると道の駅や産直売り場で見かけるけれど、あまりなじみのない「はじめて野菜」。ほとんど使ったことがない野菜だからこそ、ちゃんとプロに使い方を教わってチャレンジしませんか? 

【画像集】特売肉・旬の魚を使った絶品レシピ一覧

今回は、フランスではごく普通に食べる野菜でほろ苦い大人の味が特徴的な「アーティチョーク」の、食べ方をご紹介していきます。

ーーライターK
先生、アーティチョークとひと口で言っても、大きさも形もだいぶ違いますね。

ーー大庭先生
そうなんですよ。前回ご紹介したゆでアーティチョークのサラダは、ただでさえ、食べるところが少ないのでそこそこ大きさのあるもので作るのがおすすめです。

今回は小さめサイズのアーティチョークを見つけたときのおすすめの食べ方をご紹介していきましょう。

ーーライターK
これは、直径6~7cmのアーティチョークですね。

ーー大庭先生
はい。まず、外の硬い皮を手ではずします。半分に切ると色でわかりますが、濃い緑色っぽいところはもう硬くなっているのではずしてしまいます。そして上部も濃い緑色のあたりは硬いので切り落としましょう。

ーーライターK
大きいアーティチョークよりは、切るのも少し簡単そうですね。

ーー大庭先生
上の写真の真ん中の状態にしたら縦に薄切りにします。



ーー大庭先生
そして、一度水にさらします。アクが出てどんどん黒っぽくなるので、このときレモンの絞りかすを加えておくといいですよ。
そして、3~4分ゆでるだけ。
粗熱が取れたら、ドレッシングをかけて完成です。



ーーライターK
わ、ぐっと時間も短縮なうえ、食べるところが多い印象です(笑)。

ーー大庭先生
あまり大きくなってしまっているものは、可食部が少ないですが、これは案外食べるところがありますね。

ーーライターK
品種もいろいろ出回っているので、切ってみて、触ってみて、硬いところははずして、試行錯誤をしながら調理するのが正しい「はじめてアーティチョーク」の楽しみ方かもしれませんね。
勉強になります!

一見、セロリのサラダのようですが、ゆでアーティチョーク同様、ほろ苦さの中に甘みがありますね。

ーー大庭先生
繊維質で硬そうな印象ですが、どこか「いも」っぽさも感じるのが、アーティチョークのおいしさですよ。

1/3ページ

最終更新:10/18(金) 7:52
サンキュ!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事