ここから本文です

大好物の“バナナ”と聞くと大騒ぎするイヤイヤ期息子対策を漫画に 「分かりすぎます」

10/18(金) 7:10配信

オトナンサー

 息子と買い物に行くときの“作戦”を描いた漫画がSNS上で話題となっています。買い物中、大好物の「バナナ」「納豆」という単語を聞くと欲しがって騒いでしまうイヤイヤ期の息子(2歳)。そこで、父と母はある作戦を立て…という内容で「分かりすぎます」「うちも気を付けています」「買い物中に頭を使いますね」などの声が上がっています。作者の女性に聞きました。

【漫画】本編を読む

イヤイヤ期への対策を共有したい

 この漫画を描いたのは、学生ママイラストレーターのなつぽむ。(ペンネーム)さん(22)です。大学で環境科学を学びながら、インスタグラムやブログで子育てエッセー漫画を発表。オリジナルグッズ販売なども手がけています。

Q.漫画を描き始めたのは、いつごろからでしょうか。

なつぽむ。さん「イラストを描くことが好きで、オリジナルキャラクターでLINEスタンプを作ったりして遊んでいました。そんな私に夫が『あらし(息子)って漫画に出てきそうな顔してない? 描いてみてよ!』とリクエストをくれたので、描いてみました。それが思いのほかウケたので友達や周りのみんなにも見てほしいなと思い、育児と学業の両立に慣れてきた2018年12月からインスタグラムにアップし始めました」

Q.今回の漫画を描いたきっかけは。

なつぽむ。さん「イヤイヤ期が始まり、ちょっとしたことで大泣きされて大変でした。他のママさん、パパさんも、こういうことで大変なんじゃないかなと考え、『うちではこうしてますよ!』と情報を共有できたらと思い、描きました」

Q.「暗号化作戦」はいつから始まったのでしょうか。

なつぽむ。さん「息子は現在2歳ですが、自己主張らしきものが強くなり始めた1歳半ごろから作戦開始しました」

Q.暗号化することは、どこからヒントを得たのでしょうか。

なつぽむ。さん「突然、夫が言い出しました。最初は私も『何言ってんだこいつ』状態でした(笑)」

Q.暗号は事前に決めているのですか、それとも、その場で考えているのでしょうか。

なつぽむ。さん「その場で考えることが多いです! だから私と夫の間でも通じないことが多々あります。ちょっとしたなぞなぞ合戦です(笑)」

Q.これまで、息子さんにバレてしまった暗号はありますか。

なつぽむ。さん「今のところ、息子にバレている暗号はありませんが、暗号化するのを忘れてポロッと言ってしまい、それを欲しがって泣きわめいて大変なことになったことは、多々あります…」

Q.漫画について、どのような意見が寄せられていますか。

なつぽむ。さん「『うちもやってます』という声が多かったです。やっぱり皆さんも同じなんだな、となんだかうれしくなりました」

Q.創作活動で今後、取り組んでいきたいことは。

なつぽむ。さん「ほっこりでき、笑えるような漫画を発信していきたいです。私の漫画を読んで、少しでも元気になってくれたらうれしいです。今後も、私の子どもたち(あらしくん含め私が描いたキャラクター)が皆さんにもかわいがってもらえるように、頑張っていきたいです!」

オトナンサー編集部

最終更新:10/18(金) 14:48
オトナンサー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事