ここから本文です

iFi audio、2万円以下の小型据置DAC/USBプリアンプ/ヘッドホンアンプ「iFi ZEN DAC」

10/18(金) 17:44配信

PHILE WEB

トップウイングサイバーサウンドグループは、iFi audioブランドのZENシリーズ第二弾製品として、小型据え置きDAC/USBプリアンプ/ヘッドホンアンプ「iFi ZEN DAC」を10月28日に“緊急発売”すると発表した。価格は18,000円(税抜)。

先日発表したばかりの「ZEN Blue」(関連ニュース)と外装は同じだが、中身のコンセプトが異なる製品とのこと。「2万円を切る価格でありながら、『iFiらしさ』をすべて詰め込んだ」とアピールされている。

接続端子として、フロントに12〜300Ωのヘッドホンに対応した6.3mm標準端子と、12〜600Ωのヘッドホンに対応した4.4mmバランス端子を用意。ゲインはフロントの「PowerMatch」ボタンで切り替えが可能だ。またリアには、アクティブスピーカーやアンプ接続用の4.4mmバランス端子(ペンタコンタイプ)、RCA端子、USB 3.0端子を用意している。

ラインレベル出力は可変/固定切り替えが可能。「可変」にするとZEN DACをプリアンプとして使用でき、「固定」にするとボリュームコントロールをバイパスして出力を4.2V(バランス)または2.1V(シングルエンド)に固定することで、外付けプリアンプやプリメインアンプに接続することができる。

DACセクションはバーブラウン製DACを基本に設計。入力処理に使用される自社プログラムのXMOSチップと合わせ、優れた音質を生み出すという。対応するフォーマットは最大384kHz/24bitまでのPCM/DXD、および最大12.4MHzのDSD、MQA。ジッターを無くしデジタル信号を正確に伝送するため、全体にわたってクロック・ロッキングを使用しているとのことだ。

アナログセクションはバランス設計となっており、TI社製の低ノイズ電源ICや、高品位なアナログボリューム・ポテンショメーターなどを搭載。ボリューム機能はON/OFFも可能だ。

低域を増強するTrueBass機能も搭載。アナログで処理を行うためデジタル信号へノイズが混入することがないのが特徴とのこと。こちらもフロントパネルにあるボタンでON/OFFを行える。

エンクロージャーおよびボリュームコントロールはアルミ製。ボリュームコントロールの後ろにはLEDを備え、再生中のデータのサンプリングレートに応じて色が変わる仕様となっている。外形寸法は117W×30H×100Dmm、質量は491g。

編集部:小澤麻実

最終更新:10/18(金) 17:44
PHILE WEB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事