ここから本文です

舞台『仁義なき戦い』出演の田島芽瑠(HKT48) 「地元福岡の博多座で、舞台に立てて本当にうれしい!」

10/18(金) 19:00配信

ウォーカープラス

11月9日(土)~11月24日(日)の日程で、福岡・博多座の舞台『仁義なき戦い~彼女(おんな)たちの死闘篇~』に出演するHKT48の田島芽瑠さん。

【画像を見る】山守義雄を演じる田島芽瑠さん(HKT48)

同作は、博多座開場20周年記念 AKB48グループ特別公演として、国内のAKB48グループから47名ものメンバーが出演する「アイドル×仁義なき戦い」という前代未聞の話題作。そんな舞台に出演する田島芽瑠さんに、作品についてお話を聞かせていただきました。

――作品への出演が決まったときは、どのように思われましたか。

【田島芽瑠】これまでも、プロレスやキャバクラなどの世界観をAKB48グループで表現する作品が多かったと思うのですが、今回もアイドルとは結びつかない任侠のお話で、最初に聞いたときはまたおもしろい企画だなーと思いました(笑)。

劇場は、地元福岡の博多座ですし、出演させていただけることが本当にうれしいです。舞台や演技のお仕事をさせていただく機会は貴重ですし、出演が決まって、たくさんのファンの方がよろこんでくださいました。

――演じる山守義雄役についての印象を聞かせてください。

【田島芽瑠】すっごくワルで、いちばんの悪役と言ってもいいくらいの役なのですが、私的にはどこか憎めない、愛くるしいキャラクターのようにも感じました。映画も4~5回は見直したのですが、その個性をきちんと伝えたいなと思って。今回は、原作のファンの方にも楽しんでいただきつつ、私なりの山守義雄役を自由に楽しませていただけたらと考えています。

――衣裳を着てみて、いかがでしたか?

【田島芽瑠】登場人物のほとんどがスーツのなかで、すべての衣裳が和装という役です。早着替えの必要もあるので、フィッティングでは普通の着付けをした後に、その衣裳を早着替えできるように直していただいたり。いちばん衣裳面での準備が大変な役なのかなと感じました。

――最後に、ファンに向けてのメッセージをお願いします。

【田島芽瑠】地元の福岡に、AKB48グループのメンバーがたくさん集まる舞台なので、ぜひ福岡の方々には楽しんでいただけたらと思っています。私自身は、博多座の舞台に立たせていただくのは2度目となるのですが、感謝を忘れずに、私らしく作品を楽しめたらなと考えています!

■ 博多座開場20周年記念 AKB48グループ特別公演

『仁義なき戦い~彼女(おんな)たちの死闘篇~』

日本映画史に燦然と輝く『仁義なき戦い』を、令和の時代を生きるアイドルたちがまさかの舞台化!AKB48国内グループ主要メンバーが総集結し、名優たちの演じてきた役柄に挑戦。熱量あふれる本格舞台で、想像も付かない闘いが繰り広げられる!

会場:博多座(福岡市博多区下川端町2-1)

日程:11月9日(土)~11月24日(日)

■ 出演

博多座開場20周年記念 AKB48グループ特別公演

【第一部】仁義なき戦い~彼女(おんな)たちの死闘篇~

脚本:上條大輔/演出:奥秀太郎

原案:飯干晃一「仁義なき戦い」(角川文庫刊)

原作:1973年「仁義なき戦い」(東映) 監督:深作欣二/脚本:笠原和夫

【第二部】あんみつ姫プロデュース レヴュー48

公演日程:2019年11月9日(土)~24日(日)

※11月9日(土)~14日(木)【キャストA】/11月16日(土)~24日(日)【キャストB】

出演:

<AKB48> 岡田奈々(AKB48/STU48)/小栗有以/込山榛香/谷口めぐ/福岡聖菜/向井地美音/武藤十夢/横山由依

<SKE48>斉藤真木子/須田亜香里/高柳明音/谷真理佳/古畑奈和

<NMB48>東由樹/加藤夕夏/川上千尋/白間美瑠/村瀬紗英/山本彩加/吉田朱里

<HKT48>秋吉優花/上野遥/熊沢世莉奈/栗原紗英/神志那結衣/堺萌香/坂口理子/武田智加/田島芽瑠/田中美久/豊永阿紀/松岡菜摘/松岡はな/水上凜巳花/村重杏奈/山下エミリー

<NGT48>荻野由佳/清司麗菜/中村歩加/西潟茉莉奈/西村菜那子/本間日陽

<STU48>石田千穂/今村美月/岩田陽菜/沖侑果/瀧野由美子

※キャストスケジュールは博多座公式HPをご覧ください。

撮影=石塚雅人 取材・文=千葉由知(ribelo visualworks)

(東京ウォーカー(全国版)・ウォーカープラス/野木原晃一)

最終更新:10/18(金) 23:45
ウォーカープラス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事