ここから本文です

Juice=Juice宮本佳林「緊張はしてない」ソロコンサートで新曲を初披露

10/18(金) 14:42配信

ザテレビジョン

「宮本佳林 LIVE TOUR ~Karing~」の初回公演が10月17日(木)にZepp Tokyoで行われた。

【写真を見る】“ブドウ色”に照らされる宮本佳林、楽曲に合わせて衣装チェンジも

宮本佳林はハロープロジェクトに所属するグループ・Juice=Juiceのメンバーで今回が初のソロコンサート。

このコンサートは東京・名古屋・大阪での3公演にわたるZeppツアーとなっている。初日のZepp Tokyoは満員となり、宮本のメンバーカラーのブドウ色のペンライトに照らされて、アンコールまで全21曲が披露された。

■ コンサート前半ブロック

「今日は私のライブに来てくれてありがとうございます!最後まで盛り上がっていきましょう!」という掛け声からライブが始まった。

生バンドとダンサーをバックにJuice=Juiceの楽曲をソロで歌い上げる宮本。Juice=Juiceは全員に歌割りがあるため、それだけでも新鮮なステージだが、この日のセットリストはJuice=Juiceの曲以外の曲でも構成。

ドラマ「武道館」で演じた「NEXT YOU」の楽曲やハロプロの舞台企画「演劇女子部」からの楽曲、コピンク*としての曲も組み込まれており、宮本のこれまでの道のりを辿ることができるセットリストになっていた。

ライブ中のVTRでは「小さい頃から歌うことと踊ることが大好きだった」と紹介され、観客側との距離感もぐっと近くなる。

MCでは「手が震える震える。人がいっぱい!」と話しつつも、「緊張はしてないんですよ。してなさすぎて怖いというか」と暴露。

また、「このツアーのために、なんと書き下ろしていただいた曲があるんです」と告げると会場からは期待のどよめきがあがった。そしてソロ新曲が全7曲、披露された。

■ コンサート後半ブロック

後半ブロックではJuice=Juice曲の「CHOICE&CHANCE」などで会場のボルテージを上げつつ、6曲をノンストップで披露。

アンコールでは「Juice=Juice曲って、一人で歌うと歌いづらいんですよ。何人も入れ替わって歌うところを一人でやるから息がギリギリになるし、他のメンバーが歌ってるところはモノマネしちゃいそうになるんです」と舞台裏の感想を洩らすと、関係者席で観覧していたJuice=Juiceメンバー達を観客たちが一斉に称賛。宮本が「そっち見ない~!」と苦笑しながらたしなめていた。

また、ここでソロ新曲の中から「どうして僕らにはやる気がないのか」が10月18日(金)より配信シングルとしてリリースされることも発表された。

宮本は「これからももっともっと成長していきたいので、見守っていただきたいと思います。応援よろしくお願いいたします!」と意気込みを発表し、この日の公演は終演となった。

(ザテレビジョン)

最終更新:10/18(金) 15:26
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事