ここから本文です

小田和正と異例のコラボレーション!新ドキュメンタリー番組「東京の空」がスタート

10/18(金) 20:30配信

ザテレビジョン

10月27日(日)にスタートする、新番組「東京の空」(毎月最終日曜深夜1:20-2:20、※初回放送は深夜2:05-3:05、TBS)のテーマ曲に、小田和正の「東京の空」が決定した。

【写真を見る】にっこり笑顔の小田和正

同番組は、“東京”をキーワードに、街に生きる人たちを独自の目線で取材。日本の今を見つめる1時間のドキュメンタリーだ。

テーマ曲に決定した小田和正の「東京の空」は、小田が2011年に発売したアルバム「どーも」に収録されているバラード。すべての人を優しく包み込むような歌詞と美しいメロディーで、ファンの間では名曲との呼び声も高い楽曲。

番組のタイトルも、この曲が由来となっており、スタッフから番組内容を聞いた小田が快諾し、この異例のコラボレーションが実現した。小田の歌声が、東京に暮らす人々の息吹をどう彩るのかにも注目だ。

初回放送では「深夜の東京掃除人」をテーマに、番組の放送時間と同じ時間帯に「東京をきれいにする人々」に密着する。深夜の羽田空港で全長70メートルもの巨大旅客機B777をすべて手洗いで洗い上げる男たちのずぶ濡れの職人技や、新宿の巨大カプセルホテルの中で熟睡する客を絶対に起こさずに掃除する元デザイナーの思いに迫る。

■ 熊谷春彦プロデューサーコメント

新番組「東京の空」は、毎回違ったドキュメンタリー手法を使って番組が作られます。変わらないのは“東京”という舞台と小田和正さんのテーマ曲だけです。1時間という長尺のドキュメンタリーも最近珍しいですが、毎回制作スタッフが入れ替わり、独自の切り口で“東京”という街を描いていきます。(ザテレビジョン)

最終更新:10/18(金) 20:30
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事