ここから本文です

元エバートンFWミララスが暴露、古巣解任監督を酷評「練習に5分しかいたことがない」

10/18(金) 10:01配信

Football ZONE web

かつてエバートンに在籍したFWミララス、指揮を執っていたアラダイス氏について言及

 かつてエバートンでプレーした元ベルギー代表FWケビン・ミララスが、過去に同クラブを率いた監督らに言及。デイビッド・モイーズ氏、ロナルド・クーマン氏、ロベルト・マルティネス氏については称賛したものの、サム・アラダイス氏に関しては酷評している。英紙「デイリー・メール」が伝えた。

 アラダイス氏は、昨年11月に13位と低迷したエバートンを解任されたロナルド・クーマン氏の後を継ぐ形でエバートンの監督に就任。プレミアリーグの順位を8位まで上げてフィニッシュしたアラダイス氏だったが、シーズン終了後に解任された。

 ミララスは米メディア「ジ・アスレチック」のインタビューで、「マルティネスとコーマンはフットボールをしようとしていたが、その後のアラダイスは……」と述べ、こう続けている。

「彼がサッカーのことを知っていたのか分からない。練習でピッチに5分しかいたことがないんだ。このことを知ってる人はいないが、事実だ。難しいだろう。週末(の試合)に向けて選手を選ばなければならないのに、トレーニングを見ていないんだからね」

 さらに「私は、彼が監督だった時に1カ月しか(エバートンに)いなかったが、何人かの選手は非常にしんどかったと言っていた。確かに彼は多くの試合で勝利を収めたが、彼ら(選手たち)は楽しんでいなかった」と明かしている。アラダイス時代のエバートンは多くの問題を抱えていたようだ。

Football ZONE web編集部

最終更新:10/18(金) 10:01
Football ZONE web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ