ここから本文です

野村克也が語る「金田正一」

10/19(土) 10:00配信 有料

週刊ベースボールONLINE

キャッチャーは“カベ”。サインは無視された

まぎれもない大投手だった金田正一/写真=BBM

 10月6日、元巨人投手の金田正一さんが亡くなった。カネさんの20年に及ぶ現役生活で挙げた通算400勝は、不滅の記録である。

 持ち球は、ストレートとカーブの2種類のみ。とはいえ、カネさんのストレートは、当時スピードガンがあったなら150キロ~160キロを計時したのではないかと言われる快速球だった。

 それ以上に私が驚いたのは、カーブである。私たちのころは『ドロップ』と呼ばれており、その名のとおり弧を描くようにドローンと落ちる軌道が一般的。ところがカネさんのカーブはブレーキが効いており、キュキュッと高速で曲がり落ちる。バッターにしてみれば自分のアゴのあたりに球が来るので、一瞬、完全なボール球に見える。しかし、そこからストンと落ちて、最後はストライクゾーンのド真ん中ぐらいでミットに入るから、審判のコールは「ストライク!」。あれにはバットが出なかった。

 カネさんは、いかにも“ピッチャー”らしい性格だった。カネさんからしたら、キャッチャーはまさに・・・ 本文:1,906文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込220

    PayPay残高使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購入履歴で確認できます。

週刊ベースボール

最終更新:10/19(土) 10:00
週刊ベースボールONLINE

おすすめの有料記事

PayPay残高使えます

もっと見る