ここから本文です

バッグの中身のカオス問題を解決する、バッグインバッグ・トラベルポーチ4選

10/19(土) 12:01配信

ライフハッカー[日本版]

ポケットの少ないトートやリュックに小物を入れておくと、いざ必要な時に限って行方不明に。そんな時こそ、小物をひとまとめにでき、必要な時にさっと取りさせるパッキングキューブが重宝するはず。

【全画像をみる】バッグの中身のカオス問題を解決する、バッグインバッグ・トラベルポーチ4選

ということで今回は、バッグインバックとしても単体で持ち出してもスタイリッシュなものを厳選して紹介します。

ノマドワーカーはもちろん、フリーアドレスやシェアオフィスなどの広まりで、自由な働き方が推奨されるようになってきました。

PCやタブレットを駆使することで、仕事用の書類が減る一方、バッテリーやコネクターなど、こまごまとしたガジェットが増えているのが実情。さらにコスメ用品やエチケット用品なども欠かせないので、カバンの中身はちょっとしたカオス状態に……。

そこで用意すべきが、バッグインバッグとも呼ばれるポーチ類。フレグランスやデオドラントスプレーなど液体が入った容器もあるので、なるべく小分けできるようにポケットを多数装備したものであることが絶対条件。

量販店などで、こうしたポーチをたくさん見かけるようになりましたが、所帯じみたものばかり。そこで、リサーチしてみると、見た目も中身も優秀なアイテムを発見しました。

①「モンベル」のトラベルキットパック

モンベル(mont-bell)の「トラベルキットパック」は、軽くて丈夫なリップストップナイロンに、ウレタンコーティングを施した素材を採用。旅先の洗面所でも使いやすいよう、広げたまま使えるフック付き。キャンプ時には木の枝やロープに引っ掛けておくこともできます。

歯磨きセットやデオドラントスプレーなど、長細い筒状の小物を収納できるポケットを多数装備。常に整然としていると気持ちいいですよね。

仕事にも出張にもプライベートにも活躍し、買い求めやすいプライスもありがたい限り。

「トラベルキットパック L」W21×H15×D7cm。 価格2500円(税別)/モンベル

②「TRAVEL COUTURE by LOWERCASE」のポーチ

強度がありながらもしなやかな、バリスティックナイロン素材の「TRAVEL COUTURE by LOWERCASE」のポーチ。ぐるりと取り囲んだダブルジッパーを開くと、左右のコンパートメントに大きく分かれる仕組み。

そのため、デジタルガジェットとコスメ用品を分けて収納できるのが便利。内部はメッシュポケットなので、一目で何が入っているのか確認でき、アクセスしやすくなっています。

表側にもポケットがあるので、頻繁に取り出す小物用に。安定のポーター謹製。

W25×H12.5×D10.5cm。価格1万1000円(税込)/アーバンリサーチ バイヤーズセレクト

1/2ページ

最終更新:10/19(土) 12:01
ライフハッカー[日本版]

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事