ここから本文です

西武は投手陣のカウンセリングコーチを?【川口和久のスクリューボール】

10/19(土) 16:00配信 有料

週刊ベースボールONLINE

光った工藤監督の采配

CSファイナル第2戦で滅多打ちをくらった西武・今井達也。引っ張り過ぎたかな

 クライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージを終え、セが巨人、パはソフトバンクが日本シリーズ進出を決めた。パではペナントレースの王者・西武がまさかの4連敗と、短期決戦の難しさをあらためて感じさせる戦いとなった。

 進出した6チームの中で、一番いい戦いをしたのは、パ2位のソフトバンクだ。ファーストステージ初戦こそ、楽天・浅村栄斗にカンカンやられて負けたが、2戦目ではペナントレースで143試合フル出場した功労者・松田宣浩をスタメンから簡単に外した。さらに、シーズン中もそうだったが、一番打者をドンドン変えて流れをつかみ、2連勝でファイナルステージ進出。ベテラン・内川聖一の勝負強さと、新鋭・周東佑京の足も光った。工藤公康監督の采配は神がかっていたな。西武との第1戦では松田宣をスタメンに戻し、大活躍。内川のバットが湿ったとみると・・・ 本文:1,541文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込110

    PayPay残高使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購入履歴で確認できます。

週刊ベースボール

最終更新:10/19(土) 16:00
週刊ベースボールONLINE

おすすめの有料記事

PayPay残高使えます

もっと見る