ここから本文です

カワサキ 東京モーターショー出展概要が少しずつ明らかに! 再生産Z1/Z2用シリンダーヘッドを世界初公開

10/19(土) 6:04配信

WEBヤングマシン

価格と適合車種、生産個数なども判明

カワサキは東京モーターショーに650-W1やNinja H2 CARBON、そして最新トレールモデルのKLX230を出展すると公式発表しているが、さらにSNSなどで踏み込んだ展示概要を明らかにしはじめている。なかでも注目は、再生産するZ1/Z2用シリンダーヘッドの世界初公開だ。

【写真をまとめて見る】

再生産のZ1/Z2用シリンダーヘッド(黒、銀)の精巧な仕上がり

以前から報じられてきた、カワサキによるZ1/Z2シリンダーヘッドの再生産計画だが、ついにその実物を目にするチャンスが訪れる。10月24日から一般公開の「第46回東京モーターショー2019」のカワサキブースにて、再生産版のシリンダーヘッドのを世界初公開するというのだ。

1973年に発売された750RS(Z2)と、その国外向け輸出仕様である900 super4(Z1)の人気ぶりはここで振り返るまでもないほどで、世界では累計10数万台以上が販売され、カワサキのモーターサイクルを象徴する歴史的なモデルとなっている。発売からすでに47年が経った現在も、走行可能な車両が現存もしくはレストア等によって復活し、多くのファンに愛され続けている。

そんなファンの悩みのひとつは、これからも良好なコンディションを保つために必要な純正パーツの確保だろう。そこでカワサキは、これらのZ1/Z2のシリンダーヘッドの再生産を決定。当時の図面に規定された仕様を、現在の設計基準、製造技術、製造法により具現化するというコンセプトで、新たに開発することにした。そう、再生産といいつつも、じつは当時設計のまま新開発という手法をとっているのだ。もちろん生産は日本国内の明石工場である。ちなみに、シリンダーヘッド以外の部品について、またZ1/Z2以外の歴史的なモデルの部品についても、ファンの声を聴きながら検討していくという。

部品構成は「シリンダーヘッド本体」および「カムシャフトブラケット」となり、写真のように黒と銀が生産される予定。当時の製造技術・製造法の結果として生じた細部の形状や表面の質感などを復元するものではなく、またカムシャフトやシリンダーヘッドカバー、バルブ、タペット、ガスケット類などは含まない。

1/2ページ

最終更新:10/19(土) 6:04
WEBヤングマシン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事