ここから本文です

トランプの好敵手、ウォーレンとは

10/19(土) 23:01配信

Japan In-depth

【まとめ】

・民主党予備選で「ウォーレン現象」。トランプ大統領も歓迎か。

・同じ急進左派サンダース氏との違いは「国民皆保」「市場」への姿勢。

・「米国第一」のトランプ氏と「経済愛国主義」のウォーレン氏で熱戦も?

米民主党の大統領予備選で、左派のエリザベス・ウォーレン上院議員(70)が、「ウォーレン現象」を巻き起こし、与党共和党の現職であるドナルド・トランプ大統領(73)と2020年の本選を戦うことになるのか、にわかに注目を集めている。

米政治専門サイトのリアル・クリア・ポリティクスは10月8日、ウォーレン氏が「トランプ・キラー」として本命視されていたジョセフ・バイデン前副大統領(76)を抜き、初めて支持率において首位に立ったと報じた。10月16日の民主党の大統領候補討論会においても、他の候補者から集中砲火で攻撃を受けるなど、その存在感が大きかった。

一方で、民主党中道派であり、古い利害調整タイプの政治家であるバイデン氏とその親族には数々の腐敗疑惑が浮上しており、新味も欠くことから、急速に支持を失っている。バイデン氏は世論調査で、「トランプ大統領と互角に戦える候補」であることが示されているが、その安定性を捨ててまで党内では経済格差の拡大や貧困による社会問題を解決できそうな候補に人気が移り始めている。

だが、ウォーレン上院議員が急進的な左派であることはよく知られているものの、どのようなビジョンを持つ人物なのかは知られていない。また、同じく急進的左派の民主党大統領候補であるバーニー・サンダース上院議員(78)との違いを説明できる人も少ない。

この記事では、「ウォーレン候補とサンダース候補の違い」と「民主党はウォーレンでトランプの共和党に勝てるか」に焦点を当て、2020年の米大統領選を占う。

■ ウォーレン候補とサンダース候補の違い

そもそも、民主党予選で穏健派のバイデン候補が沈下を始め、進歩派のウォーレン候補とサンダース候補が浮上したのは、なぜか。

まず、2016年の大統領選でトランプ氏は、賃金の上昇率が冴えず、持てる者と持たざる者の経済格差が拡大するなかで没落し、既成の政党政治に満足できない白人たちに対して白人国家主義という「解決策」を示し、彼らの熱烈な支持を受けて当選を果たした。

バイデン候補は民主党内で主流派であるがゆえに人気が高く、トランプ大統領との一騎打ちであれば勝てるという世論調査の結果があるものの、身内の腐敗疑惑などに見られるように旧型の政治家であり、トランプ大統領の国家主義に惹かれる白人層を取り戻す切り札にかける。

こうした背景をもとに、トランプ氏と同様に、主張が極端なウォーレン氏とサンダース氏が民主党で有力候補に浮上したのだ。極端なポピュリストのトランプに対抗するには、穏健派ではなく極端な進歩派のポピュリストで、というわけだ。

事実、これら2人の候補の政策は大衆受けする、ほぼ共通するものが多い。例えば、大学教育の無料化、最低賃金の15ドルへの引き上げ、労働組合の強化、高所得者層への裕福税の累進課税、福祉やセーフティーネットの拡充、金融機関などウォール街への規制強化と優遇撤廃、など一般的に左派の掲げる政策は大筋で同じだ。

また、両候補にとって特に重要なのは、欧州型の国民皆保険制度だ。ここまでは共通なのだが、サンダース氏が「利潤目的の民間保険を全廃して政府が運営する保険制度への統一」を唱えるのに対し、ウォーレン氏の主張は「公的保険の拡充」にとどまり、民間保険との共存を構想している。

ウォーレン候補とサンダース候補の決定的な世界観の違いが、この国民皆保構想の相違に端的に表れている。すなわち、ウォーレン氏は「改革派」の社会民主主義者である一方、サンダース氏は「革命派」の民主社会主義者なのだ。

1/2ページ

最終更新:10/19(土) 23:01
Japan In-depth

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事