ここから本文です

ブガッティ「シロン」、最高速度を計測し世界記録を樹立 ― 今後の展望

10/19(土) 21:12配信

MEN’S CLUB

 ブガッティ「シロン」は、時速300マイル(482.80キロ)の壁をクリアし、最高時速304マイル(490.48キロ)を記録し、世界記録を樹立しました。そこで、かつて1979年からプロのレーシングカードライバーで活躍し、今回テストドライバーをしたアンディ・ウォレス氏が、「シロン」の最高速度の走りについてインタビューに答えてくれました。

【写真集 & 動画】ブガッティ「シロン」世界記録を樹立 ― 名ドライバーの走り

《概要》

・テストドライバーであるアンディ・ウォレス氏は、ドイツのエーラレッシェン・テストトラックにおいて、わずかに改良を加えたブガッティ「シロン」プロトタイプで、公式に時速304.773マイル(490.48km)のスピードを出すことに成功。

・このクルマには「シロン」のW型16気筒を、1600馬力になるように調整された、よりパワフルなエンジンを搭載。

・ブガッティのCEOステファン・ヴィンケルマン氏は、「スピード競争は今回で終了する」と述べました。つまり、ブガッティはこれから最速の記録を狙うことから撤退し、「別の分野にフォーカス」していく予定。

 ブガッティ「シロン」は、最高速度420km/hというスピードリミッターを搭載し販売されています。そんな中、「もしそのスピードリミッターを解除したら、はたしてどれほどの性能を発揮できるだろう?」と気になってしょうがない人も、少なくないことでしょうか… 。

 そうしたファンの期待に応えるカタチで、ブガッティは2019年9月初め、ドイツの広大なエーラレッシェン・テストトラックで「シロン」を走らせ、量産車の最高速度記録と時速300マイル両方の壁を打ち破るという偉業を成し遂げました。

 テストドライバーであるアンディ・ウォレス氏は、過去にも「ジャガーXJ220」と「マクラーレンF1」で量産車の最高記録を残していますが、わずかな改良を加えた「シロン」で時速304.773マイル(490.48km)を計測し、この記録がドイツのTUV(技術、安全、証明サービスに関する認定機関)によって公認されました。

1/5ページ

最終更新:10/19(土) 21:12
MEN’S CLUB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事