ここから本文です

グーグルの最新スマホ「Pixel 4」について知っておくべきこと

10/19(土) 21:41配信

エスクァイア

「Pixel 4」には、レーダーセンサーやさらに高性能になったカメラなどが搭載されます。

【 写真集 】スマホの空き容量を今すぐ増やす9つの方法

 グーグルの「Pixel」シリーズの持ち主と言えば、少数ながらも誇り高く、そして、おそらく最も賢明なスマートフォンユーザーではないでしょうか。

 2018年に「Pixel 3」がリリースされたとき、このモデルには素晴らしいAIとスマートフォン(以下、スマホ)史上最高水準のカメラが搭載されていました。そしてグーグルは、2019年10月15日(米国時間)の新製品発表イベント「Made By Google」に向けて、自らティーザーツイートを投稿するなど…それじゃもう、ちょっとした自惚(うぬぼ)状態では?と思えるような動きを見せていました。この自信の理由が何だったのか、ようやく明らかになったのです。 
 
 大々的に発表された「Pixel 4」(8万9800円~)と「Pixel 4 XL」(11万6600円~)は、「Pixel 3」よりもさらに優れたAIとカメラを搭載しています。

 グーグルは、プライバシーおよびサステナビリティを重視しており、自社製品の製造のために1億5000万ドル(約160億円)を再生可能エネルギーに投資すると言っています。これは素晴らしいことです。 
 
 グーグルは無視できないスマホブランドとして、真剣に名乗りを上げようとしています。

 当然ながら、これらの最新スマホがグーグルの以前の「Pixel」モデルの評判に傷をつけたハードウェア・ソフトウェア上の問題を抱えているかどうかは、時間が経ってみなければわかりません。グーグルはスマホ市場で、アップルやサムスンのシェアを奪おうと多くの試みを行ってきましたが、新たなモデルで彼らを上回るようなクレイジーな状況になることはなさそうです。

 とは言え、これらのモデルは消費者に「iPhone 11 Pro」へのアップグレードを一瞬でも考え直させる可能性があります。今回はニューヨークで開催された2019年秋の「Made By Gogle」から、「Pixel 4」や「Pixel 4XL」についてわかったことを解説します。

1/3ページ

最終更新:10/19(土) 21:41
エスクァイア

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事