ここから本文です

ユベントスの対抗馬はインテルだけか【ワールドサッカーダイジェストのザ・ジャーナリスティック】

10/19(土) 12:02配信 有料

SOCCER DIGEST Web

コンテのモチベート方法はある意味で宗教家に通じる

デリフト(後ろ)が予想以上の早さで馴染んできたユーベは、サッリ流に浸透の兆しも。その対抗馬となりうるのは、ルカク(手前)など新戦力が躍動しているインテルだけか。(C) Alberto LINGRIA

 7節を終えたセリエAで首位に立つのは9連覇を目指すユベントス。ナポリは早くも取りこぼしが目立つだけに、その対抗馬となりうるのはインテルだけか。絶対王者との直接対決に敗れたとはいえ、可能性を感じさせた。(文:マウリツィオ・クロゼッティ/訳:片野道郎 2019年10月17日発売 ワールドサッカーダイジェスト『ザ・ジャーナリスティック イタリア』を転載)

―――◆―――◆―――

 セリエAは第7節を終えて、早くも全体の構図が固まりつつある。序盤戦で最大の注目カードだったインテル・ミラノ対ユベントス戦(10月6日)は2―1で後者の勝利。絶対王者はそこまで6連勝していたインテルを蹴落とし、単独首位に立った。とはいえ、今シーズンのセリエAは、ユーベの独り舞台だった昨シーズンとは明らかに違う何かを感じさせる。

 昨シーズンの同時期と比べて勝点を最も大きく伸ばしたのは、アタランタ(+ 本文:4,454文字 写真:2枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込110

    PayPay残高使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購入履歴で確認できます。

最終更新:10/19(土) 12:02
SOCCER DIGEST Web

おすすめの有料記事

PayPay残高使えます

もっと見る