ここから本文です

【ラグビーW杯】イングランド4強 エディーHCは母国撃破にご機嫌、準決は「NZと戦えれば素晴らしい」

10/19(土) 18:34配信

THE ANSWER

イングランドがオーストラリア撃破、準決勝はNZ-アイルランドの勝者と激突

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は19日、大分スポーツ公園総合競技場で準々決勝が行われ、世界ランク3位・イングランドが同6位・オーストラリアを40-16で下した。準優勝した07年以来3大会ぶりの準決勝進出で4強一番乗り。準々決勝唯一の優勝国対決に敗れた前回大会準優勝のオーストラリアは、3大会連続4強入りとはならなかった。

【画像】「物凄く可愛らしい」と反響! 美人モデルとスクランブル交差点で…日本戦に出場した海外選手の“渋谷手つなぎデート”の実際の写真

 序盤はD組2位のオーストラリアが先制するなど優勢だったが、前回2015年大会で日本を率いた名将エディー・ジョーンズ氏がHCを務めるC組1位のイングランドもすぐさま反撃。前半18分に敵陣約10メートルの左中間から左に展開。最後は大外のWTBジョニー・メイが左隅にトライを決めて5-3と逆転に成功した。

 17-9のイングランドリードで後半に突入。一時は1点差に迫られたが、33-16の後半35分にはWTBアンソニー・ワトソンがダメ押しのトライを奪った。最終的には40-16で強豪対決を制し、準決勝進出を果たした。

 オーストラリア出身のエディーHCは、03年に率いて準優勝に導いた母国を撃破。07年にはテクニックアドバイザーとして優勝に貢献した古巣への勝利となった。試合後にインタビューでは「良いニュースです。自分でも、我々はさらに向上できると思う。ゲームを早くスタートさせて、なんとか頑張った。必要な時にポイントが獲れたと思う。プレーヤーが素晴らしかった。素晴らしい仕事をした。攻撃陣にもアタックの選択肢があった。頑張ったと思う」とご機嫌な笑みを浮かべて振り返った。

 ファレルはコンバージョン4本、ペナルティゴール4本を成功で20得点。成功率100%と精度の高さを3万6954人の観衆に見せつけた。「オーストラリアも素晴らしかった。リードをしても追いついてきたけど、我々が勝ることができた。前回よりずっといい。非常に嬉しいです」と語った。

 イングランドは母国開催だった前回大会は予選敗退。エディーHCの下で完全復活を目指し、狙うは16年ぶり2度目の優勝だ。準決勝はB組1位で世界ランク1位のニュージーランドとA組2位で世界4位のアイルランドの勝者と、26日に横浜国際総合競技場で対戦する。どちらとの対戦を望むか問われ、エディーHCは「どちらがということはありませんが、オールブラックスと戦えれば素晴らしい。今夜は素晴らしい。どうもありがとう」と締めくくった。

THE ANSWER編集部

最終更新:10/19(土) 20:18
THE ANSWER

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事