ここから本文です

<試写室>須賀健太主演「江戸前の旬season2」好きなことを仕事にする難しさ

10/19(土) 7:00配信

ザテレビジョン

10月19日(土)より須賀健太が主演を務める、真夜中ドラマ「江戸前の旬season2」(毎週土曜夜0:00-0:30ほか、BSテレ東ほか)がスタートする。

【写真を見る】職人姿が板についてきた須賀健太。見事な手さばきは必見

同ドラマは九十九森とさとう輝による同名漫画を原作に、銀座「柳寿司」の若きすし職人・旬(須賀)の奮闘を描く。須賀は「新幹線の中で『ドラマよかったよ』と声を掛けられた」と反響の大きさを語っており、シーズン2の放送を待ち望んでいたファンも多いことだろう。

そんな待望の放送を前に、「WEBザテレビジョン」は第1話を視聴。オリジナルレビューでその魅力を伝える。

■ 第1話あらすじ

旬は、「柳寿司」の三代目として付け場に立つ。しかし客から「旬が握るすしは親方のすしとよく似ているが、味は雲泥の差だ」と言われ、落ち込む。そんな折、父・鱒之介(渡辺裕之)が店で倒れる。鱒之介は、数週間安静にする必要があり、旬は一人でも店を開けようと奮闘する。

そして、豊洲に赴いた旬は、仲卸たちが頭を下げる“昭和の大名人”と呼ばれる深川の親方・新見(寺田農)と出会う。

■ 心の機微を巧みに演じる須賀健太

「自分らしいって何だろう?」旬はいきなりこの難問にぶつかる。ある常連客から、親方と同じネタを握るよう言われ、腕を試されるのだ。しかも、旬をものすごい目力でガン見し、「親方のすしと味は雲泥の差。姿形は似ているが模倣だ」と言い放つ。他の客も大勢いる前でそんなことを言われると、普通号泣して立ち直れないだろう。

しかし旬は落ち込みながらも、“己のすし”を求めて、閉店後に黙々と練習。そんな折に親方が倒れてしまう。「父さんがいない間も店を守れるのは旬だけ」と鼓舞する姉の言葉に、「うん…」とだけ一言返事する須賀健太の演技が見事だった。頑張ろうという気持ちの中にも不安がにじみ、なんとも言えない曇った顔を見せるのだ。この場面に限らず、須賀は難しい心の機微を丁寧に表現している。

さらに親方不在の中で、再び常連客に対してやらかしてしまう。そんな旬に、親方は自分が新米職人だったころの話を聞かせることで父親としての“背中”を見せる。そして、旬が、父親の師匠に修行を請うことを決めたとき、そっと“背中”を押すのだ。

落ち込むこともあるが、「すしが好き」という気持ちが旬を突き動かしている。以前須賀はインタビューで、「演技以上に楽しいと思えることはない。『好き』は原動力になるし、つらくても続けることができる」と笑顔で話してくれ、その姿がまさに旬とリンクしていた。好きなことを仕事にするのは難しいことだろう。しかしそこに確固たる目標を見つけ、ゴールに向かって努力する旬と、そして須賀から目が離せない。(ザテレビジョン・文=ち01)

最終更新:10/19(土) 7:00
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ