ここから本文です

「変顔も頑張ってます!(笑)」岡崎紗絵、初コメディードラマで新境地に挑戦

10/19(土) 11:00配信

ザテレビジョン

10月24日(木)からカンテレで放送がスタートするコメディードラマ「猪又進と8人の喪女~私の初めてもらってください~」(関西ローカル、BSフジは1月より放送スタート)に出演する岡崎紗絵。新人作家のアカリを演じる彼女は、今作でコメディー初挑戦となる。「振り切ったお芝居もしてます!」という岡崎に、撮影中のエピソードを聞いた。

【写真を見る】笑いが耐えられない!? 森田哲也との爆笑共演シーン

――アカリはどんなキャラクターですか?

イマドキっぽい子で、オシャレにも敏感で、インスタも大好き。明るい女の子なのですが、人を振り回すタイプで、デリカシーが欠落している部分もあって(笑)。でも、監督もそれでいいんじゃないかということで、普通なら言わないであろうことも結構ズバズバ言っちゃったりしています。

――アカリは、かなり口が悪いんですよね?(笑)

そうなんです。「クソ!」が口癖なんですよ(笑)。

――初挑戦のコメディーはいかがですか?

監督や(脚本監修の)森田哲也さんに、都度都度、「どちらの言い方がいいですか?」とか、一つ一つ相談しながらやらせていただいています。緊張もありましたが、森田さんが撮影初日からいろいろお話ししてくださって、距離感が猪又さんとアカリそのままなので、笑いの絶えない現場になっています。

初めて挑戦することが多く、変顔も結構なところまで頑張っています!(笑)。でも、それも森田さんがいるからできるというか、引っ張ってもらっているから、そこまで出来ていると感じています。

■ 笑いがこみ上げてきてしまいました(笑)

――撮影中、岡崎さんは森田さんの顔を見ると笑ってしまうと聞いたのですが(笑)。

アカリは結構、人にグサグサ刺さることを言うんですね。初日からひどいことを言うシーンを撮影したんですけど、中途半端な加減で言うと笑えなくなってしまうし、森田さんもやりづらいと思うので、強めな勢いで言わないといけないんです。

そういうセリフを森田さんの顔を目の前にして言っていると、申し訳なさとか感情がぐちゃぐちゃになって、笑いがこみ上げてきてしまいました(笑)。

――いろんな意味で笑いが絶えなくなっているんですね(笑)。ドラマ楽しみです!

そうなんですよね(笑)。毎回、“喪女”たちが一歩踏み出していく話で、見ている方も勇気付けられるなって思うんです。共感もできるし、応援もしたくなるドラマになっていると思いますので、ぜひご覧ください!

■ 第一話のあらすじは…

西大阪出版に勤める作家の編集担当の猪又進(森田哲矢)は、人気急上昇中の若手作家・アカリ(岡崎紗絵)の編集担当を任されることに。注目を集めるアカリの次回作の連載を出版するよう、編集長から指示を受ける猪又。連載のテーマ「喪女」のことが分からないと言うアカリに猪又は、小説のネタになる「喪女」を探し始める。そして、「私なんて…」というのが口癖で、いつも自分に自信を持てないでいる“超ネガティブ喪女”の黒木恵子(うらじぬの)にウソの取材を伝え、密着取材をすることに。(ザテレビジョン・取材・文=及川静)

最終更新:10/19(土) 11:00
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事