ここから本文です

電子マネーをフル活用、20代で1200万円の外車を買った男

10/19(土) 8:47配信

bizSPA!フレッシュ

今持つべき電子マネーは「nanaco」

 ずばり、電子マネーで今おすすめのサービスは何でしょうか?

「nanaco(ナナコ)は持っていたほうがいいと思います。税金や公共料金の支払いがお得にできる唯一の電子マネーだからです。YouTubeチャンネルでも紹介していますが、僕はランボルギーニの自動車税の支払いに使っています。

 また、nanacoは商品の購入時にはポイントが付与されますが、税金を支払う際にはポイントは付きません。しかし、クレジットカードからチャージする際にポイントが付きます。だから、クレカの還元率が高いキャンペーン時に上限額までチャージしています。ただし、電子マネーへのチャージは対象外であるキャンペーンも多いので要注意。対象の機会は貴重なので、すべて電子マネーのチャージに優先的に使っています」

 では、どのサービスもキャンペーンをやっていない時期はどうしているのでしょう。

「そういうときは、高還元でチャージしておいた電子マネーを使っています。nanacoにチャージした分も、他にお得なサービスがある時期はなるべく使わないようにしています」

還元率の高いクレジットカードは?

 クレジットカードで現在(2019年10月時点)、お得なキャンペーンが実施されているものにはどんなものがありますか?

「現在参加可能なものでは三井住友VISAカードに新規入会すると、利用額の20%が還元されるキャンペーンがあります(2019年12月27日まで)。これは還元の上限額が1万2000円までなので、6万円分まで何を買っても20%還元で利用できることになります。

 カードの種類が10種類以上あるので、複数枚作ればカードの枚数分還元額を増やすことができます。僕は2枚作りました。その他、先ほど話したnanacoのチャージ時に20%還元され、nanacoで商品を購入するときにもポイントが付きます。こういった、ポイントの二重取り、三重取りは当たり前ですね」

 クレジットカードや電子マネーのキャンペーンには、さまざまな条件があるので、よく読まないと還元が受けられなかったりします。条件を確認するときにはどんなことに注意すればいいでしょうか?

「まず、申し込む前に条件や注意事項をよく読むことが大前提ですが、最初のうちは大変かもしれません。でも何度もいろんなサービスの注意事項を読んでいると、段々と注意ポイントが分かってきて、あまり時間がかからなくなってくると思います。公式サイトの説明が分かりにくく、ハードルが高いという人は、マネー系のブログなどで注意事項や条件がまとめられているので、そちらのほうが分かりやすいかもしれません。キャンペーン名で検索して探してみてください」

3/4ページ

最終更新:11/6(水) 19:40
bizSPA!フレッシュ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事