ここから本文です

住民疑問の声「田園調布浸水」は自然災害なのか

10/19(土) 5:55配信

東洋経済オンライン

 東急東横線・田園調布駅から徒歩約15分。急坂と呼ばれる急勾配の坂を下ると、泥やゴミ、消毒液の匂いが鼻をつく。通りには、泥にまみれたベッドマットレスから自転車、幼児向けの玩具や大型冷蔵庫まで「災害ごみ」がうず高く積まれている。いつもは静かな通りも、この日はウィークデーにもかかわらず、多くの人がゴミを出したり、泥をかぶった自宅を洗浄したりしていた。

この記事の写真を見る

 関東や東北の各地に甚大な水害をもたらした台風19号。東京と神奈川を流れる多摩川では二子玉川付近で起きた氾濫が大きなニュースとなった。そこからほど近い東京都大田区田園調布では4、5丁目の約590件が浸水の被害を受けた。が、付近を歩くとあることに気づく。多摩川沿いの世帯などが無事な一方で、浸水被害に遭ったのは多摩川から“内陸”に徒歩数分ほど歩いた地域なのだ。

■多摩川の支流が氾濫

 上流の二子玉川付近は多摩川の氾濫によって浸水したが、そこから3キロほど離れた田園調布では「水は堤防を越える1メートル手前で踏みとどまった」(住民)。ところが、被害地域の近くを流れる多摩川の支流の丸子川、そして、複数の住民によると、多摩川と丸子川の間に位置する用水路が氾濫。田園調布だけでなく、隣接する世田谷区玉堤の住民も浸水被害を受けた。

 大田区の説明によると、氾濫した経緯はこうだ。午後5時ごろ、丸子川の水位が上がったため、現場に30人を派遣し、非常用の排水ポンプとポンプ車などで排水作業を行っていたが、午後6時ごろになると多摩川の水位が上がってきた。

 そこで多摩川から丸子川への逆流防止のために排水ポンプを止めて水門を閉鎖。その後もポンプ車で排水作業を行っていたが、午後7時に避難指示が出たことを受けて現場作業員も避難した。住民によると、その直後から近辺に水がたまり始めたという。

 排水作業が再開したのは翌朝のことだ。大田区は排水作業を中断した件について「もっと早く避難したほうがいいという声もあったが、避難指示が出るギリギリまで対処した」としている。

1/4ページ

最終更新:10/19(土) 9:52
東洋経済オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事