ここから本文です

38歳イブラヒモビッチ、イタリア復帰? 今週末で引退も? 去就に注目強まる

10/19(土) 18:08配信

フットボールチャンネル

 MLS(メジャーリーグサッカー)のロサンゼルス・ギャラクシーに所属する元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチの今後の去就に注目が集まっている。イタリアへの復帰や、現役引退なども含めた憶測が各国メディアで伝えられている。

 今月3日には38歳の誕生日を迎えたイブラヒモビッチだが、年齢による衰えを感じさせない活躍を続けている。今季MLSではレギュラーシーズン29試合に出場して30ゴールを挙げ、チームのプレーオフ進出に大きく貢献した。

 だが、ギャラクシーで今季を終えた後の去就は定かではない。「12月31日まで契約があると思う。それまでは何も考えず契約を遵守する」とイブラヒモビッチはコメントしつつ、ギャラクシー残留も退団も含めてあらゆる可能性を否定はしていない。

 ギャラクシーは現地時間20日にプレーオフの試合でミネソタ・ユナイテッドと対戦し、敗れればその時点でシーズン終了となる。英紙『ザ・サン』は、この試合が現役ラストマッチになる可能性について「そうかもしれない」とイブラヒモビッチがコメントしたとして、今週末での引退もあり得ると伝えている。

 一方、イタリアメディアではイブラヒモビッチのセリエA復帰の可能性もここのところ盛んに報じられてきた。伊紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』による19日付インタビューでもイブラヒモビッチはイタリア復帰への意欲を示し、「今でもセリエAで20ゴールくらい決められる」と豪語している。

 イタリアに復帰するとすれば、インテルやフィオレンティーナが移籍先の候補になるとも噂されている。だがフィオレンティーナのダニエレ・プラデSD(スポーツディレクター)は「我々のプランには含まれない」と獲得の可能性を否定している。

フットボールチャンネル編集部

最終更新:10/19(土) 18:08
フットボールチャンネル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事