ここから本文です

西武が浴びたブーイングの意味は?リーグ優勝と日本シリーズの遠さ。

10/19(土) 11:01配信

Number Web

 何気なくツイッターを眺めている内に、クライマックスシリーズ(以下CS)で敗れて日本シリーズ進出を逃したパシフィック・リーグ(以下パ・リーグ)王者の埼玉西武ライオンズの選手たちが、ファンからブーイングを浴びたことを知った。

【秘蔵写真】ヤンチャそうな森友哉&中田翔にダル、吉田輝星、甲子園で凄まじかった奥川、超イケメンな西川遥輝の高校時代。

 いろんな意見を目にしたが、ブーイングの是非よりも、もっと大事なことに文句を言ったほうが良いのではないか? という気がする。

 つまり、「どうしてパ・リーグ王者が、日本シリーズに出場できないのか?」と。

 日本シリーズは昔、セントラル・リーグ(以下セ・リーグ)とパシフィック・リーグ(パ・リーグ)の王者同士が戦う日本の頂上決戦だった。

 CS=プレーオフが導入されて以来、「ペナントレース」=公式戦で優勝してリーグ王者にならずとも、3位までに入ってCSを勝ち上がることができれば、「リーグ王者」ならずとも「CS王者」として日本シリーズに出場できるようになった。

リーグ王者とCS王者は別タイトル。

 勝利条件やアウェイ開催などのハンデを乗り越えて勝ち上がることを「下剋上」などと呼んで盛り上がるのは、それはそれで面白いとは思う。

 しかし、長い「ペナントレース」=公式戦で最高成績を収めて優勝した「セ・リーグ王者」と「パ・リーグ王者」の対決の勝者が「日本王者」とはならないことに、疑問を持たないのは変だ。

 一番、スッキリするのはペナントレース=公式戦で2位だろうが3位だろうが、CSを勝ち上がったチームが「リーグ王者」と認定されることだ。だが、それでは「ペナントレース=公式戦」が無意味になってしまうので、CSで敗れた「リーグ王者」の立場を守るために「CS王者」という別のタイトルがあるのだと思う。

 だから、今年のライオンズのように「リーグ王者」がCSで敗退して初めて「ああ、なるほどね」と思えるのだが、それはそれで「まぁ、いいじゃないですか。リーグ優勝したんですから」という気休めに思えて仕方ない。

1/4ページ

最終更新:10/20(日) 12:05
Number Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事