ここから本文です

コンサドーレの小さな巨人、 チャナティップが思うタイと日本の相違点

10/19(土) 6:00配信

webスポルティーバ

Why JAPAN? 私が日本でプレーする理由

北海道コンサドーレ札幌 チャナティップ(2)

自身のこれまでのキャリアについて語るジェイ

今年27シーズン目を迎えているJリーグは、現在、じつに多くの国から、さまざまな外国籍選手がやってきてプレーするようになっている。彼らはなぜ日本でのプレーを選んだのか。日本でのサッカーや、日本での生活をどう感じているのか? この連載では、彼らの本音を聞いていく。

◆ ◆ ◆

「札幌はすばらしい街だね。都会だけど空気が良くて、しゃれたカフェなんかもあって。休日はカメラを持って出かけて、街の写真を撮ったり、カフェでゆっくりしたりしているよ。ご飯もおいしいよね。好物はジンギスカンです」

 北海道コンサドーレ札幌のチャナティップ・ソングラシンは2年以上を過ごす札幌の街を、「すごく気に入っている」と話す。Jリーグのピッチだけでなく、日本の生活にもすっかり順応した彼は、タイきってのスター選手ながら、普段はとくに華やかな生活を送っているわけではないという。

「日本では快適な生活を送れている。でも生活そのものは、いつも同じサイクルだよ。練習、食事、練習、食事、睡眠、そして試合。この繰り返しだよ。シーズン中の日々にほとんど変化はないんだ。

 オフには時々、ショッピングをしたり、街に出かけたり、カフェラテを飲んだりするくらい。長い休みがないかぎり、遠出をすることもほとんどない。チャナはいつも朝寝坊するから(笑)、誰かと約束して出かけることもないね。大体いつも、通訳の方(ティワーポンさん)と一緒にいるかな。先日、連休に東京へ行ったけど、銀座は買い物するだけで、ものすごく暑かった(笑)」

 時折、自身のことをニックネームで呼ぶお茶目な小兵アタッカーは、日本の生活に不自由を感じていない。ただ時々、ちょっと窮屈に感じることもあると打ち明ける。

「ルールに対して、すこし厳しすぎると思うこともある。時間を守ること、車の運転もすべてきっちりしている。それから、日本人はプライバシーが高いというか、積極的に他人と関わろうとしない人が多いように感じる。ひとり暮らしの人も多いよね。そこはタイと異なるところだ。タイ人は家族と一緒に暮らす人が多いし、みんなで盛り上がるのも好きだから」

1/2ページ

最終更新:10/19(土) 6:04
webスポルティーバ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事