ここから本文です

史上最高のピッチャー。“不世出”という言葉は金田正一さんのためにある【張本勲の喝!!】

10/20(日) 10:00配信 有料

週刊ベースボールONLINE

私が生涯見た中で最も速い真っすぐ

金田さんは褒めても褒めても褒め足りないほどのピッチャーだった

 10月6日の早朝、金田正一さんがお亡くなりになった。プロ野球界だけではない、日本における昭和の巨星が、またひとつ墜ちた。

 私が見た中では史上最高のピッチャーだった。トム・シーバー(元メッツほか)やマイク・マーシャル(元エクスポズほか)といったアメリカのトップクラスのピッチャーをはじめ、何百人ものピッチャーを見てきたが、特に真っすぐに関しては間違いなく世界一だった。

 初めてお会いしたのは私が東映に入団して1年目の3月、鹿児島でのオープン戦のときだ。突然、食事に呼ばれてびっくりした覚えがある。すでに大投手だった金田さんを前に緊張しっぱなしで、ステーキをごちそうしていただいたと思うのだが、緊張し過ぎて正直、記憶がない。

 金田さんの“すごさ”を、身をもって体感したのが翌1960年、川崎球場でのオールスター第1戦だ。パ・リーグの四番は大打者の山内一弘さん(当時・大毎)で、私は五番を任されていた。山内さんにはかわいがっていただき、私も親しみを込めて「おじさん」と呼んでいたのだが、金田さん相手に初回に見逃し三振に倒れた山内さんに「おじさん、どうでしたか」と聞くと、「まあ、(打席に)立ってみいや」とだけ言う。

 迎えた2回、先頭で打席に入ると、いきなりとんでもない真っすぐがダーンと来た。キャッチャーの土井淳さん(元大洋)が「ハリ、速いやろ。こんなピッチャー、パ・リーグにおらんやろ」と話し掛けてきたので、「はい、いないと思います」と答えた直後、金田さんはマウンドから2、3歩下りてくると「おいハリ・・・ 本文:2,636文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込110

    PayPay残高使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購入履歴で確認できます。

週刊ベースボール

最終更新:10/20(日) 10:00
週刊ベースボールONLINE

おすすめの有料記事

PayPay残高使えます

もっと見る