ここから本文です

元Google幹部が開発! ザ・ミニマルなスマホ「Project Gem」の特徴・機能すべて

10/20(日) 22:11配信

ライフハッカー[日本版]

先日、近日リリース予定のスマートフォン「Project Gem」がようやく公式に発表されました。

元Google幹部のAndy Rubin氏によって設立されたEssential社の最新作です。

その見た目はこれまでのスマートフォンとは一線を画しており、Essential社が一風変わったスマートフォンを開発している、という古くからある噂を裏付けるものとなりました。

公式発表された写真と、それ以前からあるリーク情報を見れば、Project Gemが、昨今のスマートフォンとは際立って異なるビジュアルデザインを採用していることがわかります。

リーク情報や噂によると、外見だけでなく、ユーザーエクスペリエンスも他製品とはかなり違っている模様。

現在のところ、Project Gemについてわかっていることは次の通り。

フォームファクタ

Project Gem(商標出願ではGem)が私たちの前に公式に姿を表したのは、Essential社の公式Twitterアカウントと、CEOのAndy Rubin氏のツイートによってでした。

最初に目に付くのは、Gemのユニークなフォームファクタです。スマートフォンというよりは、テレビやストリーミングボックスのリモコンみたいな形をしています。

新しいデザインを目指したスマートフォンは他にもありますが、Gemがここ最近で最も斬新なデザインであることは間違いありません。

Gemのもう1つの特徴は、表面に施されたメタリックカラーです。見る角度によって色が美しく移り変わります。

また、公表された写真を見ると、ボリュームコントロールボタンと、背面にある指紋センサー(XDAはここでGemのオンボード音声アシスタントを呼び出せると予想している)も確認できます。

また同じく背面には、少し盛り上がった形のリアカメラレンズも見られます。画面の左上隅には自撮り用カメラがあるように見えますが、今のところカメラの詳細仕様は未公開となっています。

仕様といえば、GemがクアルコムのミッドレンジSnapdragon 730チップセットを搭載していると考える人たちもいますが、まだ公式な発表はありません。

1/2ページ

最終更新:10/20(日) 22:11
ライフハッカー[日本版]

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事