ここから本文です

広島・曽根海成内野手「純粋にうれしいという感じではなかった」/ドラフト当日

10/20(日) 12:04配信

週刊ベースボールONLINE

プロ野球12球団の選手や監督・コーチに、毎週決まったお題について自由に語ってもらうコーナー。今週のお題は「ドラフト当日」です。

広島・曽根海成内野手

 ドラフト当日は、学校(京都国際高)のグラウンドで練習していました。指名されるとしても下位ということだったので、マスコミに集まってもらって応接室で待機して、みたいなことはなかったです。夕方にドラフトが始まって、本指名が終了。ああ、終わったかと思って、図書室に移ってパソコンのドラフト速報を見てました。時間は覚えていませんが、とっぷり日が暮れていましたね。

 同級生は帰ってしまって、後輩が少し残っているくらい。で、クリックしたら、ソフトバンク育成3位曽根海成って出てきたんです。イエーイってハイタッチしましたけど、純粋にうれしいという感じではなかったです。育成の厳しさは聞いていたんで。

写真=BBM

週刊ベースボール

最終更新:11/21(木) 15:38
週刊ベースボールONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事