ここから本文です

岡本夏生が「強制わいせつ」で人気芸人を1円訴訟

10/20(日) 16:00配信

NEWS ポストセブン

 元祖レースクイーンで“お騒がせタレント”として過激な言動でしばしば注目を集めてきた岡本夏生(54)。ここ数年は鳴りを潜めていた彼女が、水面下である芸人と法廷バトルを繰り広げていた。

【写真】岡本を訴えているふかわりょう

 発端は2016年、岡本がレギュラー出演していた『5時に夢中!』(TOKYO MX)を電撃降板した後に開催されたトークイベント「ふかわと夏生のガチンコ・スプリング~ガチハル!~」で、同番組のMCだったお笑いタレントのふかわりょうと“大喧嘩”になるトラブルが勃発。同年10月には岡本がふかわを強制わいせつ、名誉棄損、暴行罪で刑事告訴し、ふかわも岡本を名誉棄損で刑事告訴する事態となっていた(ともに不起訴処分)。

 ふかわは現在も『5時に夢中!』MCとして活躍、一方の岡本はこの騒動以来、テレビ露出が減っている。そんななかで、岡本が今度は民事でふかわを「強制わいせつ」などで訴えていたのだ。

「今年4月8日付の訴状によると、2016年のイベントで、ふかわが原告(岡本)の意思に反してステージ上に押し倒し、3度にわたり計1分近くキスをするなどした強制わいせつ行為と、番組降板の経緯に関連して人格を貶めるような発言を繰り返し、名誉を著しく棄損したとして“1円”の慰謝料と謝罪広告などを求めています。1円はお金目当てじゃないという意味だとか。ふかわは弁護士を立てていますが、岡本は本人訴訟となっています」(ジャーナリスト)

 岡本に取材を申し込むと「現在訴訟中のことであり、私から申し上げることはございません」と言う。

 一方、ふかわの代理人弁護士は、「ふかわ氏としてもこれに断固として対応すべく、岡本氏に対し民事訴訟を提起しており、現在2つの民事事件が係属している状況です」と回答した。

 喧嘩の代償は、1円では済まなそうだ。

※週刊ポスト2019年11月1日号

最終更新:10/20(日) 16:00
NEWS ポストセブン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事