ここから本文です

腰痛・坐骨神経痛の改善はストレッチから! 痛む部位別にわかる簡単ストレッチ【川口陽海の腰痛改善教室】

10/20(日) 6:01配信

サライ.jp

文/川口陽海


病院では医師から、『腰痛を治すには運動しましょう!ストレッチが良いですよ』などのアドバイスをされることがあります。

しかし、どんな運動やストレッチが良いのか具体的な指導がなく、わからなくて困った経験はありませんか?

また、WEBで検索するとたくさんの記事や動画などが出てきて、どれが自分に合うものか、やってよいのかどうかわからず、さらに混乱してしまいます。

下手にやってかえって悪化してしまうのも怖いし、はじめるのに躊躇してしまうかもしれません。

そのお気持ちは良くわかります。

ひと口に腰痛・坐骨神経痛と言っても、人によって症状は千差万別ですから、どのようなストレッチが適しているのかは文字通り一人ひとり違うのです。

筆者の腰痛トレーニング研究所では、一人ひとりの症状にあったストレッチやエクササイズを指導していますが、どのようなストレッチが適しているか、次のような基準で判断しています。

1.痛みが出る部位
2.痛みの出る動き、痛みがやわらぐ動き
3.ストレッチをしている時や、した後の感覚

この3つです。

このうち 1.痛みが出る部位 と 3.ストレッチをしている時、した後の感覚は、腰痛の方自身でも判断ができると思いますので、今回はその方法をお伝えしたいと思います。

なぜストレッチで腰痛・坐骨神経痛が改善するのか?

そもそも、なぜストレッチで腰痛や坐骨神経痛が改善するのでしょうか?

腰痛や坐骨神経痛の原因には様々なものがあります。例えば、病院では椎間板ヘルニアや腰椎分離すべり症など、背骨の異常や神経の圧迫が原因とされることがあります。

しかしそれ以上に多いのが、実は筋肉が原因の腰痛です。

過労や長時間同じ姿勢で座りっぱなし、または立ちっぱなし、睡眠不足、運動不足、ストレスなどがあると、筋肉がこり固まって血行不良をおこし、痛みをおこします。

これが腰や骨盤の周囲、脚などの筋肉におこると、腰痛や坐骨神経痛となるのです。

例えば、脊柱起立筋という背骨を支える筋肉がこり固まってしまうと、画像の赤いエリアのように、腰や殿部(お尻)に痛みをおこすことがあります。

本連載ではおなじみですが、このような筋肉由来の痛み症状を『筋筋膜性疼痛症候群(きんきんまくせいとうつうしょうこうぐん)』といいます。

また、筋肉内にできた痛みの原因となるしこり状の固まり(図の×印)を『トリガーポイント』と言います。

ストレッチでこり固まった筋肉を伸ばし、ゆるめると、この『トリガーポイント』がゆるみ、血行が回復します。

そのために痛みが改善するのです。

『トリガーポイント』について詳しくは、以下のページをご覧下さい。

腰痛・坐骨神経痛のトリガーポイント治療

1/4ページ

最終更新:10/20(日) 6:01
サライ.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事