ここから本文です

【新日本キック】江幡睦、大善戦もあと一歩及ばずドローでラジャダムナン王座奪取ならず

10/20(日) 21:52配信

ゴング格闘技

新日本キックボクシング協会「MAGNUM 51」
2019年10月20日(日)東京・後楽園ホール

【写真】王者の意地見せるサオトーの鋭いヒザ蹴り

▼スペシャルメインイベント第9試合 ラジャダムナンスタジアム認定バンタム級タイトルマッチ 3分5R
△サオトー・シットシェフブンタム(タイ/ラジャダムナンスタジアム認定バンタム級王者)
ドロー 判定0-0 ※48-48×3
△江幡 睦(伊原道場本部/ラジャダムナンスタジアム認定バンタム級7位、WKBA世界バンタム級王者)
※サオトーが2度目の防衛に成功。

 江幡は双子の弟・塁と共に、長年にわたって新日本キックのエースとして活躍。破壊力抜群のパンチ&ローで国内外の強豪をマットに沈め、36勝(27KO)3敗2分の戦績を誇る。今回は兄弟揃っての悲願であるラジャダムナン王座に2015年3月以来4度目の挑戦。

 王者サオトーは80勝(11KO)38敗2分の戦績を持つ22歳。タイで人気を誇り、メインも務める有名選手で高速のヒジ打ちを得意とする。今回が2度目の防衛戦。

 1R序盤から江幡は強烈な左右ロー。特に右ローが何度も決まり、サオトーは早くも意識し始める。江幡はさらに左ボディブローでも快音を響かせ、サオトーを追いかける。

 2R、早くもヒジを狙ってくるサオトー。江幡はパンチでボディを攻めつつ、左ミドルも蹴る。ヒザも突き上げてくるサオトーに江幡は右ストレート。パンチでは江幡が圧倒しているが、サオトーのミドル&ヒザ蹴りがとう評価されるか。

 3Rになると一気に前へ出てくるサオトーはテンカオを多用。隙を見てハイキックも繰り出す。組んでもヒザ蹴りを打つ。構えをサウスポーに変えて江幡に左ボディを打たせにくくする。江幡も右ストレート、ヒジ打ちで迎え撃つが、パンチの距離になるとサオトーは打ち合わずに首相撲へ持ち込む。前に出るサオトーの勢いが目立ったラウンドに。

 4Rも前に出てくるサオトー。江幡のミドルはスネでカットまたはかわし、自分の右ミドルはしっかり当てる。テンカオを突き上げてヒジを叩きつけるサオトーに、江幡は左右の目の下が腫れあがる。至近距離で右のパンチ、ヒジを当てる江幡だが、前に出るサオトーに下がり気味。サオトーは組み付いても主導権を握る。

 5R、サオトーは勝利を確信したか、このラウンドは下がりながら江幡が前へ出てくるところにミドルやヒザ蹴りを合わせる。ミスしないように慎重に戦うサオトーに、中盤、ついに江幡のワンツーが炸裂。パンチでサオトーを追い回す江幡。右ストレートでサオトーがロープへ吹っ飛び、場内は大歓声に包まれる。サオトーも組み付いて必死の防戦。試合終了のゴングが聞こえないほどの大歓声の中、試合は終了した。

 判定はジャッジ三者とも48-48のドロー。江幡はあと一歩及ばず、悲願のラジャダムナン王座奪取ならず。サオトーの2度目の防衛となった。サオトーはセコンドの支え無しでは歩けないほどのダメージを負っていた。

最終更新:10/20(日) 22:49
ゴング格闘技

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事