ここから本文です

人材不足の救世主として期待の高い海外で活躍する日本人の呼び戻し、日本に戻って就職する際のネックは?

10/20(日) 11:42配信

@DIME

ヘイズは中国、香港、日本、マレーシア、シンガポールの5つの国と地域に居住する求職者と企業を対象に在外グローバル人材採用に関する調査を実施し、『2019年ヘイズ在外グローバル人材レポート』を発表した。

調査の結果、日本の在外グローバル人材が帰国後の給与アップに高い期待を抱いている一方で、企業の提示額が期待に見合っていない現状が浮き彫りとなった。

日本に戻って就職する際のネックは「給与が期待外れ」
日本での主な調査結果
海外での留学や就業の経験を持つ在外グローバル人材に対し、「帰国後初の就業先の給与について、どのような期待を抱きましたか」との質問に対し、58%が「海外就業時の給与を上回る待遇」と回答。23%が「海外就業時と同等の給与」、19%が「現状を下回る給与で受諾」と回答。

グローバル人材の日本での求職活動においては61%が「適切な就業機会の不足」と回答、45%が「報酬が希望と合致しない」、39%が「国内の求人市場に慣れていない」と回答。

一方で47%の日本企業が在外グローバル人材に対して現地人材を上回る給与を支払うことに消極的であると回答。「最大で10%まで」割増すると回答した企業は23%、「11%から25%」の間で割増すると回答した企業は21%。

33%の日本企業が在外グローバル人材採用にあたり、「待遇に対する期待とのミスマッチ」が課題と回答。49%の企業が「国内での就業経験不足」が最も大きな課題と回答した。

ヘイズ・アジアのマネージング・ディレクター、リチャード・アードレイは今回の調査結果について次のようにコメントしている。

「給与への期待額と提示額のミスマッチが問題なのであれば、彼らの価値観や考え方、モチベーションなどを考慮して対応を進めていくことが求められます。

スキル不足の対応にむけて在外グローバル人材を採用したいと強く望んでいる企業は、金銭以外の福利厚生の適用についてオープンに話し合うことをお勧めします。そうした施策によってこうした人材の国内回帰が進む可能性もあります」

「一方で、在外グローバル人材も即戦力としてどのような価値をビジネスにもたらすことができるかを考え、企業が強く欲しているグローバル人材特有のスキル、つまり語学力や異文化に対する理解力を採用プロセス全般で強くアピールしていくことが必要でしょう。

また、自らの経験やスキルを見直し、必要に応じてこれらを向上させていくことも大切です」

構成/ino

@DIME

最終更新:10/20(日) 11:42
@DIME

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事