ここから本文です

【日本シリーズ第2戦】ソフトバンク、圧倒から一転ヒヤヒヤ連勝 高橋礼7回1安打、打線3発と爆発も

10/20(日) 21:46配信

ベースボールチャンネル

報われた快投、ノーノーの快挙逃すも光ったアンダースロー

 福岡ソフトバンクホークスと読売ジャイアンツによる「SMBC日本シリーズ2019」第2戦が20日、ソフトバンクの本拠地ヤフオクドームで行われ、ソフトバンクがシリーズ2連勝を飾った。

【一覧】巨人・菅野智之、ソフトバンク・今宮健太&柳田悠岐…2019年フリーエージェント権取得者

 ソフトバンクの1勝で迎えた第2戦は、序盤から両先発投手による息詰まる投手戦が繰り広げられた。

 ソフトバンクのアンダースロー右腕・高橋礼投手と、巨人の左腕C.C.メルセデス投手は互いに譲らず3回までパーフェクト。1人の走者も許さずに早いテンポで試合が進む。

 中盤に入ってもその流れは切れず、4回も両チーム3者凡退。しかし5回、高橋礼が先に巨人打線を封じた直後、メルセデスが2死から6番・松田宣浩内野手がチーム初の走者となる左前安打を放つ。

 メルセデスは続く中村晃外野手に初めての四球を与え一、二塁のピンチを招いたが、8番の内川聖一内野手を速球で右飛に打ち取って無失点で切り抜けた。

 高橋礼は5回まで完全投球を続けていたが、6回の先頭打者・若林晃弘内野手に死球を与え初めての走者を背負う。それでも、1死二塁から重信慎之介外野手を遊直併殺に打ち取り先制点を与えない。

 試合は後半6回に入り、高橋は6回までノーヒットノーランを継続。メルセデスも1安打投球で譲らず、0-0のまま終盤7回に突入した。

 そしてその7回、高橋礼は2死走者なしから4番・岡本和真内野手に左前安打を許し、ついにノーヒットノーランの夢は途切れたが、後続を打ち取って味方の攻撃の奮起を待った。

 高橋礼の好投に何とか応えたいソフトバンクは、直後の攻撃でようやく試合を動かした。この回から登板した巨人2番手の大竹寛投手に対して、三塁・山本泰寛内野手のエラーとジュリスベル・グラシアル内野手の左前安打で無死一、三塁と絶好のチャンスを演出する。
 
 そしてこの場面で打席に入った6番の松田宣浩内野手は、内寄りの142キロのシュートを捉えると、打球は中堅バックスクリーンに飛び込む特大の3ラン本塁打となりソフトバンクが3-0と先制した。

 重苦しい雰囲気を打ち破ったソフトバンクは、8回を2番手のリバン・モイネロ投手が無失点に抑えると、その裏にも3番・柳田悠岐外野手のソロ本塁打、途中出場の福田秀平外野手の2ラン本塁打が飛び出して6-0とリードを大きく広げる。

 しかし、ソフトバンクは9回に3番手で登板した高橋純平投手が3四球を与え満塁とし、クローザーの森唯斗投手が岡本に適時打を浴びると、阿部にも適時打を打たれ3失点。6-3と3点差とされた。

 この後、代打のアレックス・ゲレーロ外野手には右翼線への安打が飛び出し一、三塁。一発が出れば同点という場面で打席に山本を迎えたが、森は山本を遊ゴロに打ち取って試合終了。ソフトバンクが6-3で第1戦に続き連勝し、シリーズ2勝0敗として3連覇へまた一歩前進した。

 一方の巨人は高橋礼を終始捉えきれず、前日に続いてリリーフ陣が失点。最後は3点差にまで追い上げたが届かなかった。これで敵地で勝利を挙げることなくホームに戻ることとなり、第3戦からの巻き返しを目指す。

ベースボールチャンネル編集部

最終更新:10/20(日) 21:46
ベースボールチャンネル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事