ここから本文です

経済、対北、対米関係も悪化……"八方塞がり"韓国・文在寅政権の支持率半減で「死に体」危機

10/20(日) 11:03配信

文春オンライン

訪日する李洛淵首相に丸投げ

 文大統領は、10月22日に行われる天皇陛下の「即位礼正殿の儀」に、政権ナンバー2の李洛淵(イ・ナギョン)首相を出席させる。安倍首相との会談も予定され、文大統領の親書を手渡すことも検討されている。 

 李首相は韓国紙の東京特派員経験もある政権きっての"知日派"。安倍首相と昨年会談した際には、「安倍首相が官房長官就任前の2005年に訪韓した際、ソウルで焼酎を酌み交わした」と語って、その場を和ませたこともあった。文大統領はそんな李首相に関係改善を丸投げした格好だ。

 国内政策で追い詰められた文政権は、これ以上日韓関係を悪化させて、不安要素を増やしたくないというのが本音だろう。だが、徴用工問題など重要課題については全く進展がない今、一朝一夕には日韓関係が改善するとは到底思えない。

名村隆寛(産経新聞ソウル支局長)/週刊文春デジタル

3/3ページ

最終更新:10/20(日) 23:48
文春オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ