ここから本文です

ZOZO「ツケ払いで苦境」の真偽は? キャッシュフローで見る

10/20(日) 8:00配信

幻冬舎ゴールドオンライン

2019年9月12日、ヤフー株式会社は株式会社ZOZOに対してTOB(株式公開買付け)を実施し、ファッション通販サイト「ZOZOTOWN」を運営するZOZOを買収すると発表しました。ZOZOといえば、前澤友作社長の宇宙旅行計画や「ZOZOスーツ」など、何かと話題の多い企業であったことから、皆さんもよくご存じでしょう。このように急成長する企業は、その成長を支える「資金」の調達方法が重要な経営課題になります。そこで本記事では、ZOZOの成長戦略を「キャッシュフロー」の観点からひも解いてみましょう。MASTコンサルティング株式会社執行役員の杉山正和氏が解説します。

キャッシュフロー計算書の基本的な考え方とポイント

株式会社ZOZO(以下、ZOZO)の資金繰りについて解説する前に、まずは「キャッシュフロー計算書」とは何かを説明します。

財務3表といえば、損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書が挙げられます。そのなかでも、損益計算書や貸借対照表の見方はわかる一方、キャッシュフロー計算書が理解できない方もいるのではないでしょうか。

キャッシュフロー計算書は、簡単にいえば「1年間の現預金の増減要因」を表す書類です。キャッシュフロー計算書を中心に、財務3表の関係を表すと以下のようになります[図表1]。

損益計算書は1年間の営業活動の結果を表すためそのままの数字を使います。そして貸借対照表は期末時点を切り抜いた数字ですから、期中の増減を計算するため、前年の貸借対照表から増減を計算し、その増減値を使います。

[図表1]のようにキャッシュフロー計算書は、

(1) 営業活動によるキャッシュフロー(以下、営業CF)

(2) 投資活動によるキャッシュフロー(以下、投資CF)

(3) 財務活動によるキャッシュフロー(以下、財務CF)

にわけて表されます。事業活動開始からの動きとしては、「(3) 財務CF(出資や銀行から資金調達を行い)」⇒「(2) 投資CF(事業のための設備投資を行い)」⇒「(1) 営業CF(その投資によってお金を稼ぐ)」という順番になるでしょう。

これらのお金の動きを分解して表示することで、最終的に残った現預金が前年に対してどのような要因で増減したかを分析できるようになり、その後の事業戦略に活かせる訳です。

事業がうまく回ると、「(1) 営業CF」で「(2) 投資CF」を賄い、「(3) 財務CF」の借入金の返済や株主還元を行えます。よく、資金繰りが厳しいといわれることがありますが、これは「(1) 営業CF」のマイナスを「(3) 財務CF」で補うという状態です。

◆「財務CF」「投資CF」「営業CF」具体的には何を指す?

財務CFは、銀行からの借入増減や、増資などによるキャッシュの増加、自己株買いによる減少、配当の支払いなどを表示します。

次に投資CFは、期中の設備投資の金額や、有価証券売買の金額です。設備や有価証券を購入した場合は出金のためマイナス、設備や有価証券を売却した場合は入金のためプラスで表記されます。

最期に営業CFは、本業の事業活動によるキャッシュの増減を表します。ざっくりいうと損益計算書の「当期純利益」に、キャッシュアウトのない費用(減価償却費や引当金など)を調整したうえで、「運転資金」の増減を加味したものです。

運転資金は、<売上債権(商品販売後の入金までの売掛金など)+棚卸資産(商品や原材料など)-仕入債務(商品や原材料購入時の買掛金や、各種費用の未払金など)=運転資金>で表され、[図表2]のような構図となります。
 

運転資金について、製造業の場合で流れを説明すると、

(1) 仕入債務:原材料を仕入れて仕入代を支払うまでの期間があり、

(2) 棚卸資産:仕入れ後、製造して売れるまでの在庫期間のあとに、

(3) 売上債権:売れてから実際に販売代金が入金されるまでの期間がある

この(1)の支払い直後から(3)の入金完了まで、資金ショートしないために必要な資金が「運転資金」というわけです。営業CFにおける運転資金の増減は、本年期末時点の運転資金に対し、前年期末時点の運転資金を差し引くことで、事業に必要な運転資金が実際にどれだけ増減したかを表せます。

なお運転資金の性質ですが、

(1) 通常、売上上昇局面では比例して増加する。つまり売上上昇に対して運転資金の増加に対する資金繰りが必要となる

(2) 事業の継続を前提として考えるため、企業価値を考える場合など、運転資金は回収を前提とせずキャッシュアウトと考える場合もある

という点を押さえてください。

1/2ページ

最終更新:10/20(日) 8:00
幻冬舎ゴールドオンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事