ここから本文です

「ポールは死んだ」音楽業界で最も有名で奇妙な陰謀説の内幕

10/20(日) 11:30配信

Rolling Stone Japan

今から50年前、デトロイトのDJがロックンロール史上最大の作り話を広めた。それが「ポールは死んだ」騒動だ。

【写真】ビートルズの素顔を捉えた、1965年の未発表写真ギャラリー

「ポールは死んだ」騒動が勃発したのは1969年10月12日。この日、ラジオ局WKNRでラス・ギブがホストを務める番組が放送されていた。すると、正体不明のリスナーから電話があり、ビートルズのホワイト・アルバムの「レボリューション9」のイントロの「number nine、number nine」を逆回転で放送してくれと頼んできた。放送中にギブが逆回転でかけてみると、「Turn me on, dead man」(訳注:「俺をその気にさせてくれ、死人よ」の意)と聞こえたというのだ。それ以外のヒントも次々に出てきた。「ストロベリー・フィールズ・フォーエバー」の最後でジョンが「I buried Paul」(訳註:「俺はポールを埋めた」の意)と言っている等など。これが意味したものとは?



答えは、ビートルズが秘密を隠し持っていた、だった。つまり、ポール・マッカートニーは1966年の交通事故で死亡していて、バンドは替え玉でその穴を埋めたというのだ。ビートルズ・ファンが必死にアルバムの中のヒントを探すようになると、この噂は山火事のごとく急速に広まった。それから50年後の今、この「ポールは死んだ」説は音楽業界で最も奇妙で最も有名な陰謀説として残っている。ビートルズ伝説の一つの物語となったこの説は、躍起になったファンが生んだ現象であり、ビートルズのメンバーたちは感心したり、憤慨したりしながら、様子を見ている他なかった。1974年にポールがローリングストーン誌に「オフィスの誰かが電話してきて、『なあ、ポール、お前、死んでるってよ』と言ったんだ。俺は『そうか、俺はそう思わないけどな』と答えたね」と語っている。

当然のことだが、この噂は真実ではない。ポールは現在も元気に生きているし、ソングライターとしても、パフォーマーとしても、相変わらず絶好調だ。去年は新作アルバム『エジプト・ステーション』が初登場1位だった。しかし50年前、このデトロイトのラジオ番組のあと、人々はこの話に飛びついた。それから2日後、ミシガン・デイリー紙がアルバム『アビイ・ロード』のジャケット写真が葬列だと説明した。つまり、先頭が牧師(白い服のジョン)、次が葬儀人(黒い服のリンゴ)、次が死体(気の毒なポール)、そして最後にいるのがブルーのデニムを着ているジョージで、彼は墓掘り人。こんな嘘の陰謀説でも汚れ仕事を任されるのはジョージだ。

この話の顛末はこうだ。ニコラス・シャフナーの『ザ・ビートルズ フォーエヴァー』によると、ポールは1966年11月9日に死んだ。その前夜遅くに――いわゆる「バカげた最悪の火曜日」――、ロンドンのアビー・ロードを車で走っていたポールを驚かせることが起きた。そして、彼が公式に死の宣告を受けた(「O.P.D.=Officially Pronounce Dead」)のは翌日の水曜日、早朝5時。アルバム『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』のジャケットでジョージが例のラインを指差している理由がこれで、その一方でポールの衣装には「P.O.D.」のパッチが縫い付けられている。しかし、ポール以外のメンバーはこのニュースを隠すことにしたため、水曜の朝刊には何も書かれなかった。理由は不明だが、彼らはポールの死を口外せず、ポールのそっくりさんを加入させ、事実を隠蔽するために狡猾なヒントを垂れ流した。その後、替え玉ポールが「ヘイ・ジュード」を作っているため、この替え玉こそが最初からポールの仕事をしていたゴーストだったと言われることになった。

1/3ページ

最終更新:10/20(日) 11:30
Rolling Stone Japan

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい