ここから本文です

【J1採点&寸評】G大阪2-2川崎|同点弾でG大阪を救った“ナンバー10”をMOMに!2得点に絡んだ川崎の元セレソンの評価は?

10/20(日) 10:01配信

SOCCER DIGEST Web

G大阪――倉田の執念の一撃で貴重な勝点1

[J1リーグ29節]G大阪2-2川崎/10月19日/パナソニックスタジアム吹田
 
【チーム採点・寸評】
G大阪 5.5
連覇中の王者に対して先手を取りながらも、その後は防戦一方の苦しい展開が続いたが、倉田の執念の一撃で貴重な勝点1を積み上げた。攻撃に入った時の精度の低さは今後の課題になりそうだ。
 
【G大阪|採点・寸評】 
GK
1 東口順昭 5.5
バックパスを受けても丁寧に繋いで起点となり、キックミスも少なかった。川崎戦ではビッグセーブが多いがこの日に限っては相手に上回られ、2失点の場面はほぼノーチャンスだった。

ハイライト動画&詳細マッチスタッツ(ポゼッション、空中戦勝率 etc.)

DF
27 髙尾 瑠 5.5
前半はビルドアップに絡み、長谷川に対して粘り強い守備を見せて破綻を許さなかった。川崎が攻勢に出た後半は苦しい対応が続くも、小野瀬がウイングバックに移行してからはいい連携も。

5 三浦弦太 5
相手の1トップに対して厳しく対応。出足の良い守備も見せていたが、1失点目はキム・ヨングォンとの連携が不十分だった上に、2失点目は完全にL・ダミアンに上回られてしまった。

19 キム・ヨングォン 5
韓国代表のワールドカップ予選から合流したばかりで、いつものキレを欠いた。L・ダミアンに空中戦で競り負けたことが最初の失点に繋がり、後半は右サイドで崩される場面も散見。
 
MF
4 藤春廣輝 5.5(62分OUT)
立ち上がりに、持ち前の走力を活かして登里に突っかけたことがミスを誘発し、失点に繋がった。守備では大崩れすることがなかったが、コンディションの問題で無念の途中交代。
 
MAN OF THE MATCH 
10 倉田 秋 6.5(68分OUT)
一見、いつものような積極的な仕掛けが少ないように見えたが、アンカーの脇のスペースなどをしっかりとケアするなど、守備意識が非常に高かった。チームを救う貴重な同点ゴールを決めるも無念の負傷交代。

21 矢島慎也 6
守備で苦しむ場面が多かったが、倉田や井手口らとの好連係で中央からは崩されなかった。カウンター時にも長いボールで前線を走らせ、攻守両面でアンカーとして奮闘していた。

15 井手口陽介 5.5
アカデミーの先輩である家長を潰すなど、運動量を活かして危険地帯をケア。しかし1失点目は、サイドで車屋につきながらもクロスを上げさせてしまった。攻撃に入った時の細かいミスは減点材料。

34 福田湧矢 5.5
守備では奮闘し、戦う姿勢でチームに活力をもたらした。ただ、仕掛ける意識がやや強すぎて、周囲と噛み合わず、逆に攻撃のリズムを崩す場面も。左サイドに移ってからも守備に追われた。

1/3ページ

最終更新:10/20(日) 10:01
SOCCER DIGEST Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事