ここから本文です

【J1採点&寸評】磐田2-2鳥栖|白熱のシーソーゲーム!MOMは質の高さと気迫を見せた1G1Aのストライカー!

10/20(日) 18:19配信

SOCCER DIGEST Web

磐田――大南は慣れないサイドバックで攻守に奮闘

[J1リーグ29節]磐田2-2鳥栖/10月19日(土)/ヤマハ

【チーム採点・寸評】
磐田 5.5
開始早々失点した後はボールを支配したが、動き出しに乏しくパスコースを探る場面が目立つ。相手の守備ブロックにハマりなかなか崩せなかったが、ロスタイムにルキアンのゴールで同点に。後半突き放されるも終盤は反撃に出て追いついたがドローに終わる。

【ゴール動画】磐田アダイウトン、高く舞い上がったボールをバイシクルで驚異の一撃!


【磐田|採点・寸評】
GK

1 八田直樹 5.5
1失点目は前に出るタイミング次第ではセーブチャンスあり。39分、87分にビッグセーブを見せた。

DF
小川大貴 5
仕掛ける場面が少なく、持ち上がったもパスコースに迷う場面が多い。後半は安の攻撃の圧を受け苦戦。

25 大南拓馬 6
慣れないサイドバックで先発したが、中に絞っての守備も怠らない中で攻撃力を発揮。ゴール前に走り込みDFをつり2得点目をお膳立て。

33 藤田義明 6
アグレッシブさに冷静さも兼ね備えた守備。横パスやバックパスを選ばす、常に前を意識したフィードも評価できる。
2 今野泰幸 5.5  (72分OUT)
ディフェンスラインのカバー、攻撃のサポートと攻守に気の利いたプレーを見せたが、後半疲れが見えた。2失点目は金崎を止められず。

3 大井健太郎 5
長期離脱の復帰戦の影響か試合に入っていけず覇気もない印象。ミスが目立ち、2失点とも対応したプレーに難あり。

MF
14 松本昌也 5.5(79分OUT)
クロスを上げられる場面でヒールパスをしロストするなど、いつもの思い切りの良さに欠ける場面が散見。

30 上原力也 5.5
上下によく動き、攻守に奮闘はしていたが、ボールを奪うもパスが雑になる場面もあり存在感は希薄。

磐田――ルキアンは高いキープ力で攻撃を牽引。

MF
23 山本康裕 5.5
藤川のスルーパスに抜け出した23分のシュートは決めたかった。後半はボランチで反撃を支えた。

26 藤川虎太郎 5.5(55分OUT)
パスやサイドに流れフリーになる動きなどプレーに工夫かあった。ルキアンとの距離感や重なりをなくすことが課題。

FW
39 ルキアン 6.5
ターゲットとしてパスを引き出し、前線でサポートなく苦しい場面でもキープ力で攻撃を牽引。相手DFやGKへのプレスも光る。一瞬の動きで相手を剥がし自身初ゴールで反撃の狼煙。

交代出場
MF
15 アダイウソン 6.5(55分IN)
精力的に突破を図り反撃のきっかけに。見事なバイシクルシュートで勝点1に貢献したが、その後の決定機を決めたかった。
 
29 秋山陽介 5(72分IN)
2列目に入り攻撃的にプレーしたが、ロストやミスパスが目立つ。流れに入れなかった印象。
 
27 荒木大吾 ―(79分IN)
終盤の攻撃に厚みをもたらし、CK獲得などに貢献。だが逆転はならなかった。
 
監督
フベロ 5.5
後方のビルドアップは進化が見られたが、そこから攻め崩すための動き出し、組織的守備力は不足。個人技で追いつくもホーム戦勝利ならず。

1/2ページ

最終更新:10/20(日) 18:19
SOCCER DIGEST Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事