ここから本文です

【ラグビーW杯】“笑わない男”稲垣啓太が男泣き 最後の円陣も涙「チームを家族同様に思っていた」

10/20(日) 23:14配信

THE ANSWER

南アフリカにはエール「これからセミファイナルに向けて頑張って」

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は20日、東京スタジアムで準々決勝が行われ、日本と南アフリカが4強入りをかけて激突。過去2度の優勝を誇る強豪に対し、日本は健闘及ばず3-26で敗れ、涙をのんだ。最前線で体を張ったPR稲垣啓太は試合後と男泣きしたが、4年後へ向け「誰もベスト8で満足していない」と気合十分だ。

【動画】稲垣が、姫野が、田村が男泣き! ピッチ上で輪を作り、熱く語るのは…試合後に日本が作った“最後の円陣”の実際のシーン

 “笑わない男”に熱い思いが込み上げた。途中交代し、稲垣がベンチで迎えた終戦の瞬間。ピッチに出て、仲間と健闘を称え合うと、男泣きした。最後に円陣を組み、リーチ主将が声をかける最中も目を潤ませたまま。スコットランド戦で代表初トライを決めた時も「笑ったことないんで」と言ったポーカーフェイスに、感情が溢れ出た。

 試合後、屈強な南アフリカのFW陣とぶつかり合った稲垣は「これからセミファイナルに向けて頑張ってほしいです」とエールを送った上で「前半最初のファーストスクラムはちょっとコールが聞こえなくて、それでペナルティ取られましたけど、それからほぼ問題なかったですね。ペナルティを取ったシーンもありましたし」と手応えも感じた。

 4年後へ向け、気合も十分。「誰もベスト8で満足していないでしょうし、次の目標を見据えることが非常に大事だと思う。ベスト8の目標が叶った以上、次に進む必要があると思います」と視線を前に向け、「今度は予選リーグを勝ち抜いて、次に進むために、どういうことが大事になってくるのか。そういう部分を4年で詰めていく必要がある」と課題を挙げた。

 最後の円陣について問われると「リーチさんが話したけど、このチームを誇りに思う、と。本当に今まで、この1年間だけでも250日以上一緒に生活してきて本当に家族のように思ってきた。そのチームが次に試合ができなくなるのは寂しいけど、自分たちの今までやってきたことを誇りに思おう、と話してくれた」と明かした。

 稲垣は「その話を聞いて、僕も家族同様に思っていました。次、このメンバーでもう試合をすることはないんだなっていう寂しさは感じましたね」。日本の最前線で体を張り続けた5試合。この男なくして、日本の快進撃はなかった。

THE ANSWER編集部

最終更新:10/21(月) 6:43
THE ANSWER

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事