ここから本文です

<グランメゾン東京>木村拓哉「これを機にお店をつくれたらいいな(笑)というぐらいの気持ち」 フランスロケで店舗イメージ溢れる<木村拓哉&鈴木京香インタビュー>

10/20(日) 10:54配信

ザテレビジョン

料理に人生をかけ、パリで成功をおさめながら、ある事件によってすべてを失ったフランス料理シェフ・尾花夏樹。木村拓哉がそんな役柄に挑むドラマ、日曜劇場「グランメゾン東京」(毎週日曜夜9:00-9:54、TBS系)が10月20日(日)からスタートする。

【写真を見る】玉森裕太、木村拓哉からの“裕太呼び”に「心拍数上がる」と照れ笑い<グランメゾン東京>

どん底に転落した尾花とともに、世界最高の三つ星レストランを目指すことになるシェフ・早見倫子を鈴木京香が演じるほか、2人に関わっていく個性的なキャラクターを尾上菊之助、及川光博、沢村一樹、玉森裕太らが演じる。

クランクイン場所となったパリでの撮影を終え、揃いの料理人姿で現れた木村と鈴木に、現地での撮影秘話を聞いた。

■ 刺激を受けた三つ星レストラン・ランブロワジーでの撮影

――撮影はフランス料理の本場パリでクランクイン。パリでもっとも予約がとれない三つ星レストラン・ランブロワジーでの撮影はいかがでしたか?

鈴木:ランブロワジーは一度行ってみたい!と思っていた憧れのお店だったのでうれしかったですね。

格式ある店内で待機中、ポロシャツに前掛け姿の気さくなおじさまが笑顔で声をかけてくださったので、出入りのお花屋さんかな? と思ったら、なんといちばん偉いシェフで(笑)。

倫子を演じるにあたり、“シェフっぽく見せるにはどうすればいいか?”をずっと考えていましたが、それよりも自分の個性を存分に出し、画面の中で素晴らしい料理をつくることに打ち込みさえすれば、唯一無二のシェフに見えてくるんだと気づきました。

木村:僕は、ランブロワジーで働く日本人のスーシェフ(二番手シェフ)の男性から刺激を受けましたね。

実際にパリの三つ星レストランで若い日本人が頭角を現し、花形である肉部門のシェフとして多くのフランス人に指示を出しながらエネルギッシュに働いている。そのパワーは限りなくて、こういう人って絶対に自分から諦めたりしないだろうし、そんなあり方はやっぱりおもしろいな!って。

そのエネルギーは、自分が演じさせていただく尾花にひっぱりこんでもいいのかなと思いました。

■ 「素敵なレストランが本当に一軒できるんじゃないか!?という気分に」(鈴木)

――パリで撮影の時間以外はどんなふうに過ごされたんですか?

木村:パリではありがたいことに毎晩、京香さんと食事をご一緒しまして。もちろん食事も会話も味わっているんですけど、気付くと、『お店の照明どうしよっか?』『やっぱナイフ、フォークはこういうのだとうれしいよね』という話になってて。鈴木京香さんと木村拓哉で食事をしつつ、会話の中身は完全に倫子さんと尾花になってましたね。

鈴木:そうですね(笑)。木村さんと話していると、作品にまつわるアイデアがどんどん飛び出して、素敵なレストランが本当に一軒できるんじゃないか!?という気分になりました。

木村:作品の中でではあるけれど、僕自身、本気でお客さんを迎え入れてもおかしくないような料理や空間、サービスをイメージしているので。というか実際、そういうお店がこれを機につくれたらいいな(笑)というぐらいの気持ちで今はいます。

それとパリでは、あき時間にマルシェにも行きました。スタッフさんたちがお土産を買いにマルシェに行くのについていったんです。で、「何がいいですかね? お土産」って聞かれて、「バルサミコとか、面白い容器のやつあるよ」とか「こんな入れ物のオリーブオイル、可愛くない?」とかいってるうちに、気付いたらスタッフのお土産をほとんど僕がアレンジしてました(笑)。

鈴木:私も木村さんからおすすめのチョコレートをいただいて。おいしかったです! そんなふうに、まず旅からご一緒して作品に入れたというのは、現場の空気的にも、作品や役への馴染み方としても、都内で撮影が始まるのとは全然違うなと感じました。

非日常感と、ある種の開放感がありながら、この作品をどうよくしていくか? に集中できる旅からご一緒して作品に入れたのは本当によかったです。

■ 「グランメゾン東京」第1話あらすじ

フランス屈指の三つ星レストラン「ランブロワジー」で面接を受けていた早見倫子(鈴木京香)。彼女は、料理人としての人生を懸けてフランス・パリに来ていた。そんな中、ある一人の男と出会う。

その男は、倫子が“実技テスト”で前菜を作ろうとしているところに、突然駆け込んで来て、一方的にメニューのアイデアを出し、代わりに作ろうとする。

聞けば、昔ランブロワジーで働いていたから、好みが分かるという。その矢先に、男は借金取りに追い掛けられ、去っていく。

その男こそが、パリで二つ星を獲得し、三つ星に最も近いとされたフレンチ料理人。しかし、3年前のある事件がきっかけで表舞台から消え去った日本人シェフ・尾花夏樹(木村拓哉)だった。

その後、面接に落ちた倫子は、落ち込んでいる中、再び尾花と出会う。そこで尾花が作った料理のあまりのおいしさと、自分の実力のなさに、倫子は思わず涙をこぼす。その時、尾花は倫子に突然、一緒に店を作らないかと提案する。(ザテレビジョン・(取材・文=浜野雪江))

最終更新:10/23(水) 20:33
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事