ここから本文です

三四郎・小宮が舞台で緊張を和らげる方法を明かす「どうせお客さん30年40年後には…」

10/20(日) 12:57配信

ザテレビジョン

「自慢したい人がいます~拝啓 ひねくれ3様~」(テレビ東京系)で、三四郎・小宮浩信が緊張を和らげる方法を披露。そのひねくれぶりをツッコまれた。

<単独インタビュー>MC3本! 絶好調の南キャン山里亮太の現在地「自信の根本はラジオ」

視聴者からプチ自慢を投稿してもらう新コーナー「これって自慢して良いですか?」で、「緊張する会議や集まりの場で、全員をじゃがいもやピーマンだと思うようにすると緊張が緩和する…これって自慢してもいいですか?」との投稿が。

すると山里亮太(南海キャンディーズ)、岩井勇気(ハライチ)、小宮の3人は全員「自慢になる!」と解答。小宮は「(野菜に例えてもダメなので)各々見い出しますもんね。僕は片方のコンタクトをとるとかやったことあるけどダメで、“どうせお客さん、30年40年後には死ぬし…”と思うようにしている」と自身のひねくれぶりをカミングアウトし「だから野菜に例えるとか、あんなにピュアなのは自慢できること!」と持論を展開。

一方の岩井は晴れの舞台では緊張するものの「全員が俺の人生のエキストラだと思うようにしている」と男らしいコメントを。するとすかさず小宮は「とんでもなく差がついたな。“どうせみんな死ぬし…”とか、俺雑魚やん!(笑)」と自虐して笑いを誘った。

お次は「奢られるのが得意。男性と食事に行ってお金を出したことがない」という自慢が登場するが、これには全員が否定的に。山里は「同性からも嫌われるでしょ。テクニックを説明して自分がスゴイみたいな空気出す人、嫌いなの。“ワイプってこうしてればいいんですよ”とかってバラエティ論を語る人嫌いなの」とバッサリ。小宮は「奢られすぎてつらい…。その人のことを好きだからたまには(お金を)出したい。デートに行きづらい…とかならわかるんですけど」と真面目に語り、山里に「出たよ。ひねくれ3に時々現れるピュアな心ね!」と茶化される場面があった。

ネット上では「この番組、スタジオトークが多めになってよかった!」「小宮さん“みんな30年後には死ぬし”と思いながら舞台に立ってるんだね(笑)」などの声が上がった。(ザテレビジョン)

最終更新:10/20(日) 12:57
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事