ここから本文です

レアルDFマルセロ、久保所属マジョルカに“大金星”献上で悔恨 「早い段階で…」

10/20(日) 22:30配信

Football ZONE web

マジョルカに0-1と敗戦、序盤の失点が敗因とマルセロが指摘

 レアル・マドリードに所属するブラジル代表DFマルセロは、19日のリーガ・エスパニョーラ第9節マジョルカ戦で0-1と敗れた一戦について言及し、「我々は勝つべきだった。早い段階で失点を許してしまったことが、試合の残りを難しくした」と序盤の失点が敗因と主張した。スペイン紙「AS」が報じている。

【動画】久保建英も守備で奮闘し“金星”獲得に貢献 「マジョルカ×レアル・マドリード」(1-0)ハイライト(動画期限:20年10月13日)

 ここまでリーグ戦無敗をキープしていたレアルは、第9節で日本代表MF久保建英の所属するマジョルカと対戦。前半7分、コートジボワール人FWラゴ・ジュニオールにゴールを奪われてマジョルカに先制されると、後半にレアルのスペイン代表DFアルバロ・オドリオソラが退場。レアルは最後までゴールを奪えないまま0-1で敗れた。

 試合後、先発出場したマルセロは序盤の戦い方に触れ、「我々は勝つべきだった。早い段階で失点を許してしまったことが、試合の残りを難しくした。上手くスタートできなかったけど、追いつこうとトライしたんだ」と説明し、序盤の失点によって流れを失ったと明かした。

 またマルセロは首位から2位に落ちたリーグ戦について、前を向いて戦い必要があると自身の見解を明かしている。

「我々にとって常に試合に勝つことは重要だ。多くのことに集中する必要があるが、まだまだ先がある。負けるのは好きじゃないんだ。多くの面で改善して前進しなければならない。敗戦は我々にあまり影響を与えない。我々はポジティブに戦っていかなければならないんだ」

 ミッドウィークにUEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第3節でガラタサライと対戦するレアルは、勝利を手にして悪い流れを断ち切ることができるのだろうか。

Football ZONE web編集部

最終更新:11/14(木) 16:25
Football ZONE web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事