ここから本文です

お腹いっぱい食べても太らないサラダ、専門店に学ぶ脱マンネリのコツ

10/20(日) 8:46配信

女子SPA!

 飽きないサラダ作りのコツ、教えます。

 最近、都心のオフィス街を中心に増えている「サラダ専門店」。野菜をたっぷり食べさせてくれる工夫は、お店ごとに違い、そこから学ぶことは多いように感じます。そんな中で、私が最もお気に入りなのが、シンガポール発のサラダバー専門店「SaladStop!(サラダストップ)」。一昨年日本に上陸し、現在は都内のオフィス街に4店舗を構える、まだまだ新しいお店なのですが、他のサラダ専門店と比べると、どこか違う感覚を体験することができるんです。

⇒【写真】サラダ専門店

 そこで今回は、サラダ作り&サラダ選びの参考にしていただくべく、「おいしい!飽きない!自宅でも簡単に実践できる!ダイエットサラダのコツ」として、5つのポイントをご案内したいと思います。

①「見た目重視」で具材を選べ

 サラダの具材は、頭でじっくり考えるより、その日の気分や自分の「直観」を信じて、楽しく選ぶことが重要です。サラダボウルをキャンバスに見立て、カラフルなもの(緑黄色野菜やもちろん、様々な豆類など)、ビジュアル的にかわいいもの(例えばミカンの缶詰など)を入れていくと、サラダ作りが「楽しい体験」となるでしょう。

②ダイエット食材をアップデートせよ

 ちょっと前まで”健康サラダ“のイメージは、「緑黄色野菜をしっかり選ぶ」、「オリーブオイルをたっぷりかける」などでしたが、最近ではすぐに使える「スーパーフード」が登場したり、目新しい美容野菜が身近に手に入るようになっています。

 例えば、「ケール」や「ゆで黒豆」は、スーパーでも購入可能。紫大根などの「カラフル野菜」や、すぐに焼いて乗せられる「味付けプルコギビーフ」、気分が変わる「チェダーチーズ」などもオススメです。これまでのマンネリサラダから脱出して、自身が本当においしいと思える美容食材を探してみましょう。

【オススメの美容食材】

ブロッコリースプラウト、紫ニンジン、紫大根、紫キャベツ、ゆで豆、キヌア、干イチジク、リンゴ、柿、ベビーほうれん草、海藻類

1/2ページ

最終更新:10/20(日) 15:20
女子SPA!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ